☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

新型プリウスをKINTOで契約した7つの理由とUグレード一択の理由

new-prius-order-reason

「新型プリウスをKINTOで契約した人いる?」
「ディーラーでKINTOのプリウスを紹介されたけど
大丈夫?」

そんな疑問をおもちではないでしょうか?

結論からお伝えすると、

新型プリウスをKINTOで契約しました!

本記事では、なぜ私がKINTOで新型プリウスを契約したのか7つの理由を解説します。

この記事の信憑性
  • 25年間で40万キロ以上走った著者が経験をもとに解説していきます
  • 国産メーカー4社のクルマ7台を乗り換えてきた経験
  • 納車3ヶ月で15万の自損事故を起こす、親友が購入2週間のクルマを廃車、など身近なクルマトラブル経験多数
  • KINTOでプリウス契約中(3年目)
  • 新型プリウスをKINTO Unlimitedで契約済み

新型プリウスをKINTOで契約した7つの理由

new-prius-order024-2
KINTOマイページのキャプチャ画像

新型プリウス60系は新しいデザインと走りで大人気です。

わたしも新型プリウスの動画や情報を見はじめワクワクし、新型プリウスの実車を見て契約を決めました。

ただ、人気が有るのに国内向けの生産予定は少ないため、今から購入すると1年以上納期がかかるようです。

あなたは「KINTOの新型プリウスなら在庫がある」とディーラー担当者に言われ、この記事を見ているかもですね。

とはいっても、「KINTOはリースでしょ?」「若者以外はお得じゃないんでしょ?」と考え、検討から外れてるのではないでしょうか?

新型プリウスをKINTOで実際に契約した私が、7つの理由を解説します。

KINTOで新型プリウスをチェックする

新型プリウスを安く手に入れられるから

なぜ安い?

KINTO Unlimitedだから

※KINTO UNlimitedはUグレードのみ

KINTOで新型プリウスは3グレード(Z,G,U)すべて契約できます。

私が契約した「Uグレード」は、今までのKINTOとは違う「KINTO Unlimited」で提供されます。

ZグレードとGグレードは、今までと同様のKINTOで提供されます
※1/22追記:Z,GグレードのKINTO納期は6ヶ月と延びました

KINTO Unlimitedは、返却時の付加価値を高める取り組みにより、従来より1割ほど安く提供されるお得なプランで新型プリウスからはじまります。

新型プリウス60系の他グレードより割安で、現在の支払金額より相当安いため契約しました。

今なら新型プリウス納期をコントロールできるから

なぜ乗り換えタイミングをコントロールできる?

在庫あり1.5~2ヶ月納期

※1/22時点でKINTOグレードUの場合

新型プリウスは国内向けの生産台数が少なく、現時点で納期が1年半~2年かかると言われている様子です。

一方、KINTOのグレードUは1/22現在で1.5~2ヶ月の納期です。

初期生産割当て分が、まだ埋まっていない状況と想定しています。

私はKINTOでプリウス前期モデルを契約していますが、3ヶ月後の乗り換えだとちょうど良いタイミングでした。

このチャンスを逃すと手に入れられないかも

と思ったことが、契約の大きな決め手です。

ただKINTOならいつでも1.5~2ヶ月で納車できるかといえば、そうでもありません

予定数の契約が終わると、すぐにKINTOラインアップから急に消えます。

このような理由から、納期が見えている初期生産分を狙って契約しました。

実際にハリアーの場合、一般販売の納期遅延が起き始めてから間もなくKINTOで販売停止となりました。
参考:ハリアー納期が1.5か月になる方法。ハイブリッドは12月27日まで!

Gグレードと同じ内装に安くアップグレードできるから

安く内装アップグレードとは?

月額880円+でゴージャスな装備へ

※KINTOグレードUで7年契約の場合

新型プリウスのグレードUは、グレードGと比較して内装や機能が少しチープです。

特に、常時ダッシュボードに一本の光が灯る「インストルメントパネル」の有無です。

インストルメントパネルとは:通常は青で、安全機能が動作すると赤色に変わったり点滅する優れた機能のこと

トヨタ車では初めて搭載された機能で、現行クラウンにも搭載されていません。

さらに、前席シートヒーターやシート表皮が上級ファブリックになるなどの差があります。

このような機能がグレードUでは、月880円(7年契約時)プラスするだけでアップグレードできます!

この機能がたった月880円UPでいいの!?というレベルです。

新型プリウスの排気量は1.8Lで十分だから

排気量は1.8Lで十分?

馬力を使うシーンがない

※急がば回れ

新型プリウスは2つのエンジン種類があります。

グレードZとGに搭載されている2.0Lの排気量のエンジンと、グレードU(KINTO Unlimited)の1.8Lエンジンです。

すごく簡単に考えると、排気量の違いは馬力の違いです。

日本の道路でプリウスの馬力が1.8Lで足りない状況ってあまりないかな?と思っています。

マイブームは「急がば回れ」チャレンジなので、最低限の馬力があれば十分なのでグレードUを選びました。

充実した安全機能を選べるから

なぜ充実した安全機が必要?

万が一の事故でも被害を最小限にできる

※Uグレードにオプション設定あり

新型プリウスの安全機能は、トヨタ車のなかでも最先端のものばかり。

初めてトヨタ車に搭載された安全機能は3種類もあります。

2年くらい前まではクラウンしか搭載されていなかった安全機能が、標準装備されているのは驚きました。

万が一の事故でも、家族や事故に巻き込まれた方の被害が最小限になる機能がたくさんあります。

グレードUにはセーフティオプションが3つあり、自分に合った安全機能を選択できます。

私は全部入りの「セキュリティパッケージⅢ」を選びました。

参考記事:安全機能が大幅アップした新型プリウスをグレード&50系と比較してみた

⇒KINTO公式サイトで新型プリウスのオプションをチェックする

上位グレードと見た目がほとんど変わらないから

見た目がほとんど変わらないとは?

ホイール以外で見分けがほとんどつかない

※グレードUは17インチホイール

新型プリウスの見た目は全グレードほとんど変わりません。

強いてあげれば、グレードZとGの標準ホイールは19インチで、KINTOで選択できるグレードUは17インチの違いくらいです。

細かいところでは、Zグレードはツヤ有り加工しているなどありますが、遠くから見たら変わりません

上位グレードと見栄えが大きく違うなら、今回の契約はなかったと思います。

ホイールは好き嫌いあると思いますが、KINTOのグレードUで設定される17インチホイールは、ブラックでセンターキャップレスデザインカッコいいと感じます。

自動車評論家の方も、同じような意見の方が多いですね。

また、19インチホイールの見た目はすごくカッコよく憧れますが、乗り味はどうでしょう?

日本の一般道は結構ギャップが多いので、19インチで扁平率も低いタイヤは乗り心地が悪くなると考えています。

グレードUのホイールは17インチで扁平率も60と厚みがあるので、クッション性が高いはずです。

家族を乗せて走ることが多いので、乗り心地がよい17インチが最適でした。

KINTOだと19歳の娘が運転しても安心だから

19歳の娘が運転しても安心とは?

全年齢OKの車両保険がついてるから

※KINTOは全部入り

KINTOのサービスで評価する点は、誰が乗っても大丈夫な車両保険が入っていること。

免許取得前ですが、19歳の子供から「クルマを運転したい」と言われたときKINTOなら気軽にクルマを貸せるんですよね。

19歳で車両保険も入るとなると保険料だけで年間20万円くらい必要になるので非現実的です。

KINTOなら、万が一事故を起こしても全年齢型の車両保険が入ってるので安心です。

参考記事:自動車保険ってどんな仕組み?保険会社が損しない理由を図解で暴露

新型プリウスをKINTOで契約した7つの理由のまとめ

わたしが新型プリウスをKINTOで契約した7つの理由をお伝えしてきました。

最後にまとめますね。

新型プリウスをKINTO契約した7つの理由
  • 新型プリウスを安く手に入れられるから
  • 今なら新型プリウス納期をコントロールできるから
  • Gグレードと同じ内装に安くアップグレードできるから
  • 新型プリウスの排気量は1.8Lで十分だから
  • 充実した安全機能を選べるから
  • 上位グレードと見た目がほとんど変わらないから
  • KINTOだと19歳の娘が運転しても安心だから

あながた新型プリウスを検討されているなら、少しでも参考になったら嬉しいです。

今後も新型プリウスとKINTO関連情報を発信していきます。

KINTOで新型プリウスを契約するとどうなるのか気になるなら、ぜひ記事をブックマークしてください。

kinto-new-prius-tips

KINTOで新型プリウスをチェックする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!