KINTOは高すぎる?KINTO契約者が利用金額を全公開し検証してみた

KINTO高すぎるの?

「トヨタのKINTO(キント)は高すぎるから止めたほうがいい」
「KINTOは契約後の返却でマイナス査定され、結局損する」

この記事をご覧になられているあなたは、SNSなどでこのような情報を目にしていませんか?

私はKINTOでプリウスを契約しています。

結論:KINTOは決して高すぎることはありません!

少し不安になり、自分が契約しているKINTOの内容を洗い出し検証してみました。

KINTOの契約金額を検証した結果をこれからご説明しますが、先にお伝えしておきます。

やっつん

同じクルマを購入した場合とカーリースを比較し、KINTOが高すぎる、ということはありませんでした!(⇒プロフィール)

あなたがこの記事を見てくださって、本当に良かったです

実際に私が契約しているKINTOの利用金額と契約内容を公開しつつ、一括購入、他社カーリースとコスト比較した結果をご覧ください!

KINTO(キント)とは車を所有するのではなく利用するサービスです。

KINTOとカーシェアリングとは全く違い、あなたに合った1台をカスタマイズして納車してもらい、契約期間中はあなただけが利用できる車になります。

KINTOとはトヨタ車かレクサスの新車をサブスク方式で利用するサービスです。
※サブスクはサブスクリプションの略で、ものを所有せず一定期間、定額で利用する契約方法です。

KINTOとは3年、5年、7年の契約期間が選べ、契約満了で車を返却するサービスです。
レクサス車で選択できる契約期間は3年のみです

・KINTOとは途中解約も可能なサービス
⇒違約金はかかります。詳細は「絶対ダメ!選んではいけないKINTO解約タイミングとは?違約金を数十万円減らす方法」をご覧ください

・KINTOのナンバープレートは「わナンバー」なの?
KINTOのナンバープレートはわナンバーではないので安心してください

・KINTOの契約になにが含まれているの?
⇒ガソリン代、駐車場代以外は税金や維持費、任意保険含めすべてコミコミです

KINTOの自動車保険(任意保険)はどんな保険なの?
⇒全年齢型の自動車保険が含まれた保険です。事故後の値上がりもありません

・タイヤ交換はKINTOに入ってるの?
⇒タイヤ交換、オイル交換、すべてコミコミです

よりKINTOの詳細を知りたい方へ
⇒「KINTOとは何?7つのポイントと6つのFAQで【契約者が解説】」をご覧ください

KINTOラインアップすべての車種で購入やカーリースと比較記事を書きました。

気になるカテゴリがあればクリックして確認してみてください。

KINTOは高すぎる? 維持費も含めた5年間の総費用で購入と比較してみた

purius2
参照:https://toyota.jp/prius/

私は、KINTOを5年で契約しています。

KINTOは月額54,120円の固定払いで、ボーナス払いは設定していません。

月額料金には、プリウスの利用料はもちろん、自動車保険税金車検代メンテ代、ガソリン代を除くすべての維持費が含まれています。

では、5年間にかかる車の維持費をKINTO契約と一括購入時で比較してみますね!

車(プリウス)を維持するために5年間でいくら必要になる?

車(プリウス)を維持するために必要な支払いをまとめてみます。

車を5年間維持するために必要な費用(プリウスの場合)
  1. 5年間分のメンテナンスと車検(1回)の費用:239,532円
  2. 税金関連の費用(5年分):269,854円
  3. 自動車任意保険の料金(5年分):469,678円

大きな分類としては、上記3種類が車を維持するために必要です。

自動車任意保険の金額は、35歳以上KINTOと同様の車両保険や特約が付いている自動車保険を想定しました(等級は16等級で試算)。

実際のKINTO自動車保険は全年齢が対象なので、KINTOと同じ条件の保険金額は上記金額より遥かに高いです。

40歳越えの私が対象の保険を忠実にシミュレーションしてみました ^^;

ガソリン代と駐車場代はKINTOの契約に含まれないことと、私とあなたの状況によって大きく変化する部分なので除外してます。

2回目車検前に車を売却した場合の受け取り金額

車の売却益も考えないといけません。

一括で車を購入した場合とKINTOの総額を比較する最後に必要なシミュレーションです。

KINTOで5年契約した場合は車を返却し手元に車は残らないので、車を一括購入した場合と比較する際には車を売却した金額が必要。

今回は、乗り出し価格「 2,970,410円 」のプリウスが5年後にいくらで売却できるか想定しました。

ずばり、売却予想金額は「930,990円」です。

根拠は、KINTOがシミュレーションとして提示している下取り額と同一の30%としています。

【KINTO】サイトでプリウスのKINTO利用金額をシミュレーション

KINTOは高すぎるか? KINTOの総額と一括購入の総額比較

最終的なKINTOと一括購入の比較表を作りました。

果たしてKINTOは高すぎるのでしょうか?

内容KINTO一括購入
車両価格月額料金に込み 2,970,410円
メンテナンスと車検同上239,532円
税金同上269,854円
自動車保険(任意保険)同上469,678円
5年後買取価格同上▲930,990円
合計支払額3,2447,200円3,020,484円

細かいシミュレーションを実施しましたが、結果は上記表のように一括購入が「226,816円」安い金額で5年間プリウスを維持できる結果となりました。

あなた

226,816円って結構違うじゃないか! KINTOはやっぱり高すぎるよね?

この結果だけを見ると、確かにあなたのおっしゃる通りです。

ですが、この結果はあくまで現金一括で車を購入できた場合を想定しています。

実際には、現金で300万準備できる方は多くはないでしょう。

私はもちろん無理でした^^;

現金一括で購入する多くの場合、カーローンを組むことになります。

銀行やあなたの信用度により年利は変わってきますが、5年間の金利手数料は300万を借りたとすると15万~30万は必要になります

そうすると、KINTOで5年間支払う総額とほぼほぼ変わらない金額です。

次は、プリウスをKINTOとカーリース3社で比較した結果をまとめました。

プリウスを「KINTO」vs「カーリース3社」で比較(7年維持した場合)

プリウス車種一覧
参照:https://toyota.jp/prius/

KINTOでプリウスを7年契約した場合と、他社カーリースで7年契約した場合の比較資料はこちらです。

↓プリウスS HEV 1.8L 2WD KINTOとカーリース(7年)比較」↓

コスモMyカーリースロゴ
もろこみカーリースロゴSOMPOで乗ーるロゴ
月額利用料金 46,200円 51,810円 54,560円 52,040円
自動車保険
(任意保険)
利用料金に含む 月8,723円 月8,723円 月8,723円
7年間のトータル金額 3,880,800円 5,084,772円 5,315,772円 5,104,092円
KINTOとの差額 +1,203,972円 +1,434,972円 +1,223,292円
特徴 ・廃車になっても違約金なしで解約可能
・事故車扱い時にマイナス査定なし
コスモのスタンドでガソリン代がリッター5円引き 契約終了後にクルマが自分のものになる 契約終了後にクルマ買取可能
詳細情報へのリンク 詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※自動車保険は、KINTO以外は26歳以上12等級開始でシミュレーション
「費用参照:東京海上日動WEB見積もり」から

プリウスの金額比較で前提とした条件の詳細はこちらです。

比較の条件
  • 車種とグレード:プリウス S HEV 1.8L 2WD
  • オプション:ETC、フロアマットのみ追加
  • 契約期間:7年間でボーナス払いなし
  • メンテナンス:車検2回も含めたフルメンテナンスパッケージ含む
  • 月間走行距離制限:1500キロ
  • 任意保険:KINTO以外は26歳以上12等級開始で事故なし。一般型の車両保険含む

自動車保険も含めトータルコストを計算した結果、プリウスを7年間KINTOで契約するほうが、他のカーリースよりもトータルコストは相当安い結果となりました。

KINTOは契約終了後に買い取りはできませんが、「もろコミ」と「SOMPOで乗ーる」は買取可能です。もろコミは、月額利用料金に買い取り価格も含まれてます。

万が一の事故やトラブルがあったときはどうなる?

purius3
参照:https://toyota.jp/prius/

クルマに乗っていると、不測の事故にまきこまれることもあります。

自分では慎重にクルマに乗っていても、信号待ちで追突されクルマが廃車になることも。

そんなとき、KINTOや購入、カーリースでどのような違いがあるのでしょうか?

3つのトラブルを比較してみます。

↓クルマの3大トラブル時の比較資料↓

一括購入コスモMyカーリースロゴ
もろこみカーリースロゴ
SOMPOで乗ーるロゴ
事故などで保険を使った場合支払い金額に変更なし翌年から3年間は自動車保険料があがる 翌年から3年間は自動車保険料があがる 翌年から3年間は自動車保険料があがる 翌年から3年間は自動車保険料があがる
廃車になった場合 ・違約金なしで中途解約
・残リース料の支払いなし
・クルマの残価部分の支払いもなし
・廃車になる
・廃車費用の支払い
・残リース料の支払い
・クルマの残価も支払い
・残リース料の支払い
・残リース料の支払い
・クルマの残価も支払い
事故車扱い(修復歴あり)になった場合返却時の査定にマイナス査定なし
※修理していることが前提
売却時の査定が大きくマイナスになる返却時の査定が大きくマイナスになる契約終了後はクルマは自分のものになるので影響少・契約終了後にクルマを買取れば影響少
・返却なら査定が大きくマイナス

それぞれ詳しく解説しますね。

プリウス運転中の事故などで自動車保険を使った場合

駐車場で見えないブロックにぶつけてプリウスのバンパーをへこませた、そんな場合に自動車保険を使ったとしましょう。

7年のうちに1回保険を使った場合と2回保険を使った場合、どれだけ自動車保険料が上がるか資料を作りました。

↓プリウスに7年乗って、無事故の場合と保険を使った場合の比較↓

無事故の場合事故1回(1年目)事故2回(1,4年目)
1年目 の自動車保険料 111,080円111,080円 111,080円
2年目の自動車保険料 108,944円166,620円166,620円
3年目の自動車保険料 106,808円164,484円164,484円
4年目の自動車保険料 104,672円160,212円160,212円
5年目の自動車保険料 102,535円111,080円168,756円
6年目の自動車保険料 100,399円108,944円 166,620円
7年目の自動車保険料 98,263円106,808円 164,484円
7年間の合計732,701円929,227円1,102,255円
「費用参照:東京海上日動WEB見積もり」から

事故にあった場合、保険を使わずに対応できればベストですが、金額が大きく保険をつかわなければならないことは多くあります。

このシミュレーションでは、プリウスでKINTO7年契約の1年目に保険を使った場合、1年目と4年目に保険を使った場合で比較しています。

私は実際にKINTO契約し納車2か月のプリウスを駐車場で事故らせました、、
恥ずかしいですが、そのときの様子は「自損事故を起こした私がKINTOでお得に楽しいカーライフを送れる理由」で説明しています

赤字の部分が自動車保険の「事故有り」として設定される金額

保険を使った翌年から3年間は「事故有り」等級が適用され、金額が通常より1.5倍程度上がってしまうことに。

プリウスの場合、7年間のトータル金額では、1回保険を使うと約20万円、2回保険を使うと約37万円支払い金額が上がってしまいます

一方、KINTOでプリウスを7年契約していた場合は、保険を使った後も支払い金額が変わりません

KINTOは高すぎる?チェックポイント

自動車保険を使った場合はKINTO以外はコストが上がるリスクがあります
KINTOのメリットの一つですね。

プリウスが廃車になった場合

purius1
参照:https://toyota.jp/prius/

なんらかの理由でクルマが廃車になってしまった場合、KINTO以外の契約方法だと辛い状況になります。

カーリースの場合は残リース料とクルマの残価を支払い解約することになります。

場合によっては、解約手数料も追加でとられることも。

購入の場合も、クルマに乗り続けられません

もし、購入してまもない時期に廃車になったら、お金を捨てたようなもの、、

KINTOは高すぎる?チェックポイント

KINTOなら、たとえ廃車になっても違約金なしで中途解約となるので安心です!

プリウスが事故車扱いになった場合

廃車まではいかなくとも、事故車扱いになってしまう場合があります。

クルマを走らせるには問題なくても、交換したパーツによっては「修復歴あり」になることも。

事故車扱いになると、中古車市場での価値がガクンと下がってしまいます

購入の場合はクルマを売却する際、カーリースは返却時の査定が大きくマイナスに。

買い取り額は通常の半値以下になることおが多いようです。

一方、KINTOは事故車扱いになっても返却時の査定がマイナスになりません

参考:KINTO契約中に事故で廃車になっても費用の心配がない3つの理由

もちろん、保険などで修理をしていることが前提ですが、返却時の査定に影響がないことは大きなメリットです。

▼KINTOラインアップすべての車種で購入やカーリースと比較記事を書きました▼
※気になるカテゴリがあればクリックして確認してみてください

KINTOは高すぎる?【KINTOプリウスの契約内容と支払い金額】を公開!

私は2020年9月にKINTOでプリウスを契約し10月26日から5年間の契約を結んでいます。

この記事を書いているのが2021年8月なので、もうすぐKINTOで契約したプリウスを乗り始めて1年になるところです。

KINTO契約者向けのKINTOマイページの画像キャプチャを元に、私やっつんのKINTO契約情報を公開します!

KINTO利用者やっつんの【毎月の支払金額】を公開!

KINTOマイページ 支払金額

KINTOマイページにログインすると最初に出てくるのが上の画面。

赤枠で囲んだKINTOの支払い予定金額が「バン!」と表示されます ^^;
※赤枠は私がKINTOマイページのキャプチャ画像に加工しています

キャプチャ画像にあるように、私がKINTOに毎月支払う金額は54,120円。

ボーナス払いはしていないので、契約期間中は毎月同じ54,120円を支払い続けることになります。

この金額には「車両の利用料」「車検・メンテナンス費」「税金」「自動車保険」すべて含まれてます。

ガソリン代以外は、KINTOの支払以外に車関連の出費はなにもありません。

まだ乗り始めて1年たってないですが、「税金を支払い期限はいつだっけ」「車検に向けて貯金しておかなきゃ・・・」といった車のお金に関する余計なことを心配しなくて済んでます。

車に関するたまにある大きな出費から解放される精神的にすごく楽です!

ちなみに私はKINTOで5年契約をしていますが、3年以降で乗り換え可能なサービスがあります。

下記の記事で詳細を伝えていますので、良かったらご覧ください ^^/

のりかえGOで新車にお得に乗り換える

私がKINTOで契約している車(プリウス)の契約内容

KINTOマイページ 申込内容

KINTOマイページには、自分が契約している車両情報の詳細が表示されます。

私が乗ってるプリウスのボディカラーは黒(アティチュードブラックマイカ)ですが、画像のプリウスの色もちゃんと黒になってます

やっつん

KINTOのマイページは細かい部分が契約者向けに配慮され使い勝手が良いです

契約期間や担当販売店(納車やメンテナンス対応をしてくれます)、次回のメンテナンス予定も書かれていて、必要な情報がまとまってます。

登録番号は隠してますが、ここには車のナンバープレートの情報が記載されてます。

自分の車の情報なんだ、ということが強く意識できます。

運転スコア・診断レポートも面白い仕組みなので、別途紹介記事を書きますね!

私がKINTOで契約している車(プリウス)のグレードとオプション

KINTOマイページ 車情報1

2021年8月に販売されているプリウスとは若干構成が異なります

ここからは、「KINTOは高すぎる?」の疑問回答のために車両情報の詳細をお伝えします。

ちなみにですが、これもKINTOマイページから確認できる情報です。

私が選択したプリウスの車両本体価格は2020年9月時点の「S”Safety PlusⅡ” HV 1.8L 2WD」モデルで「税込みで2,755,000円」でした。

オプションパッケージは、「ナビ+バックカメラパッケージ」というナビオプションを選択しています。

こちらは、T-Connectナビを9インチのものにアップグレードしつつ、パノラミックビューモニターやバックカメラが付いた追加オプションです。

ここには表示されていませんが、オプションにはドライブレコーダーも追加しています。

【KINTO】サイトでKINTOで選べるオプションを確認する

私が契約したプリウスを現金一括払いにしたらいくらになる?

私がKINTOで契約したプリウスを現金一括払いにした場合、諸費用込みで「3,220,410円」となりました。
※2020年9月当時のプリウスと若干金額に違いはありますが極力同じ構成にしています

内訳をお伝えしますね。

プリウスを現金一括払いした場合の費用内訳
  • 車両本体価格:2,814,000円
  • オプション:289,300円
  • 税金・諸費用:117,110円

合計金額:3,220,410円

※金額算出はトヨタの見積りシミュレーションを利用し算出

現金一括払いだと、プリウスに乗り出すまでこの程度の金額がかかります。

やっつん

改めて確認すると、当時の私は間違いなく一括払いはできませんでしたね・・・

実際には、トヨタの販売店で見積もりをいただく際の交渉やタイミングによっては、値引きが期待できます。

オプションをそれなりにアップグレードしていますので、2021年8月時点のプリウスなら最大25万円程度の値引きは期待できるのではないでしょうか?

期待も含めた値引き額を考慮すると、プリウスの乗り出し価格は「2,970,410円」となりました。

KINTOは高すぎる? のまとめ

KINTOは現金一括で購入した場合でも5年間の総額は大きく変わらず、カーローンで借入れしたとしたら変わらないか、少し安いくらいです。

さらに、KINTOは面倒な契約がほとんどなく、インターネットでの契約とマイページでの管理ができるストレスフリーなサービスです。

実は強力なKINTOのメリットは他にもあります。

自損事故でも楽しいカーライフの理由

KINTOに付いている任意保険は「等級」の考えがなく、自損事故を起こして初めてそのメリットを体感しました。

KINTOで豊かなカーライフブログでは、私やっつんのKINTO体験や調べたことを記事にしています。ぜひほかの記事もご覧ください!





クルマでリスクを負いたくない全ての方へ
クルマをお得に維持する方法

人生100年時代、ライフプランが大事です。クルマのトラブルでライフプランが大きく崩れる可能性があるのをお気づきですか?クルマのトラブルで痛手を受けない方法をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。