カローラツーリングをKINTOと他の方法で比較したら7年で100万の差がでました

KINTOカローラツーリング

やっつん

こんにちは!
KINTOでプリウス契約中のやっつん(⇒プロフィール)です^^

「トヨタのカローラツーリングはKINTO(キント)がお得なの?」

トヨタのカローラツーリングのベストな契約方法が何か興味がありませんか?

7年間カローラツーリングに乗り続けたとき、KINTOと購入、カーリースどれがお得なのか。

結論としては、KINTOでカローラツーリングを契約すると「7年で最大100万円以上お得」であることが分かりました。

今回はカローラツーリングで比較しましたが、カローラ、カローラスポーツも同じような結果です。

では、カローラツーリングをKINTOとその他の契約方法で比較した結果をどうぞ!

↓KINTO車種一覧を毎日更新中です↓
KINTO車種一覧の変化を毎日チェックし更新【要ブックマーク】

KINTOでカローラツーリングを契約するとお得か比較

KINTO(キント)でカローラツーリングを契約した場合と、カーリース、購入を比較検討してみました。

結果として、KINTOとカーリースで比較すると7年で100万以上、KINTOと購入で比較すると10万円以上の差がでました。

メリット・デメリットも含めて解説します。


KINTOカローラツーリングとカーリースとの比較

KINTOでカローラツーリングを契約した場合と、カーリース3社で契約した場合を比較した一覧表です。

スマホなど小さな画面で見ている場合、右側にスクロールすることができます。横画面だと見やすいと思います。

トヨタのカローラツーリングWxB1.8Lガソリンを7年契約した場合の「KINTOとカーリースの金額比較表」

KINTOコスモMyカーリースもろコミSOMPOで乗ーる
月額利用料金45,210円48,730円50,820円50,170円
任意保険料金※利用料金に含まれる月平均8,250円 月平均8,250円 月平均8,250円
7年間のトータル金額3,797,640円4,786,180円4,961,740円4,907,140円
KINTOとの差額+988,540円+1,164,100円+1,109,500円
備考ガソリン代リッター5円割引契約終了後に車が自分のものになる契約終了後に車を買取りできる

※任意保険料について
KINTO以外は26歳以上12等級開始で事故がなかった場合の「車両保険コミ自動車保険料金」でシミュレーションしました

カーリース各社の月額利用料金には任意保険(自動車保険)は含まれていないので追加した金額が7年間のトータル金額です。

KINTOと比較すると、最大116万円の金額差に。

これだと、カローラツーリングを契約する際にKINTO以外のカーリースを選ぶ理由はほぼなさそうです。

一方、KINTOには制限があります

この制限は、契約終了後に必ず車をKINTOに返却しなければならないための制限です。

KINTO(キント)は止めたほうがよいケース

  • どうしても車内でたばこが吸いたい(タバコはNG)
  • ペットを同乗させる必要がある(ペット同乗はNG)
  • 車を自分好みにカスタマイズしたい(カスタマイズNG ※返却時に原状回復が必要)

あなたがKINTOの制限である上記3点がどうしても外せない場合は、契約終了後に車が自分のものになる「もろコミ」を選ぶのもありです。

もろコミは7年契約以上であれば、契約後に車が必ず自分のものになるので制限がありません

距離制限もないので、どれだけ乗っても安心。

ただ、まとまったお金が準備できるなら次に挙げる購入の方が金額面のメリットは大きいです。


KINTOカローラツーリングと購入の比較

KINTO(キント)でカローラツーリングを契約するのと、一括購入した場合の比較です。

カーリースと同じ自動車保険の条件の場合、KINTOで契約すると7年間で約11万円お得になる結果となりました

あまり変わらないよね?と思われることでしょう。

実際には、2つの見えないコストと1つのリスクがあります。

2つの見えないコストと1つのリスク
  1. 契約の手間(見えない時間コスト)
  2. 支払いの手間(見えない時間コスト)
  3. 保険料が上がるリスク

契約の手間は、あなたが一度でも車を購入したならお分かりになると思います。

支払いの手間も同様ですね。

毎年の自動車税の支払いは手間ですし、車検やメンテナンスに合わせてお金を準備するのも大変です。

KINTOの場合、自動車税もメンテナンスも自動車保険もすべてコミコミなので、契約の手間がめちゃ楽でした。

もう一つ、保険料が上がるリスクは要注意。

自損事故などで保険を使った場合、翌年から3年間は保険料が上がります。

1年目に何らかの理由で保険を使うと、上の画像のようにトータル金額でKINTOより約30万円ほど高くなります

KINTOなら、保険を使っても支払金額は上がりませんのでリスクに強い契約になっています。

別記事「KINTOの保険で車修理し22万円得した私が語る【KINTO保険が最強】な理由」に詳細を書きましたので、よろしければご覧ください。

ちなみに今回の比較は銀行ローンから借り入れをしている前提です。

300万円ほどの現金を借入せずにカローラツーリングを一括購入できるなら、KINTOより購入の方がお得です。

現実的には、私もそうでしたが300万もの余裕資金がある方は多くないのが実情ですよね、、


KINTOでカローラツーリングはお得?まとめ

KINTOでカローラツーリングはお得になるか、検討した結果をお伝えしました。

結論としては、「現金が有り余っている」「KINTOの制限事項に引っかかる」といった事情をおもちでなければ、KINTOでカローラツーリングを選択がベストです。

特に、KINTO契約中に車のトラブルに巻き込まれたケースは他の契約にはないメリットです。

私もそうでしたが、予期せぬ車のトラブルで自動車保険を使った場合、金額が上がることのないKINTOは最高です。

やっつん

KINTOに関して気になる点などありましたら、お気軽にコメントください!KINTO契約中なので、お力になれると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

やっつん
スタンドで働いていた経験もあるクルマ歴25年のやっつんです。 愛車歴は、シルビア⇒RVR⇒レビン⇒セレナ⇒MPV⇒プリウス30系⇒プリウス50系。クルマは好きだけど他に時間を使いたい40半ばのおっさんです。