株式会社KINTOは安心できる3つの理由を解説【トヨタは本気です】

株式会社KINTOについて

あなた

車のサブスクKINTOを提供している「株式会社KINTO」って大丈夫?

株式会社KINTOは2019年に設立された新しい会社なので、不安になりますよね

私も、KINTOでプリウスを2020年9月に契約しましたが、情報もあまりなく不安でした

KINTOで長期間クルマを契約するのに、途中でサービスが変わったり質が下がったりするのは嫌なもの。

この記事をご覧いただければ、株式会社KINTOが安心できる会社ということが分かります。

やっつん

株式会社KINTOが安心できる3つの理由をお伝えします!
※執筆者:KINTOでプリウス契約中のやっつん(⇒プロフィール

株式会社KINTOとは?

まずは株式会社の概要をお伝えします。

株式会社KINTOの概要

会社名株式会社KINTO
設立2019年1月
取締役代表取締役社長 小寺信也
取締役 頃末広義
取締役 長田准
取締役 北原顕
取締役 冨永政義
資本金等198億円
株主トヨタファイナンシャルサービス株式会社
住友商事株式会社
株式会社三井住友フィナンシャルグループ
住友三井オートサービス株式会社
事業内容自動車リース、自動車修理・点検、車両管理、
中古車売買等、モビリティサービスに関わる一切の事業
所在地名古屋オフィス
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目8番18号
名古屋三井ビルディング北館 14F
東京オフィス
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町二丁目3番1号
室町古河三井ビルディング7F(COREDO室町2)
参照:https://corp.kinto-jp.com/


株式会社KINTOの提供サービス

株式会社KINTOが提供しているサービスは、2021年9月現在は2つです。

  1. 車のサブスクKINTO
  2. モビリティマーケット(モビマ)

車のサブスクKINTOについては、「KINTOとは何かを7つのポイントと5つのFAQで契約者が解説」に詳しく書きましたのでご覧ください。

モビリティマーケットとは、2021年4月に開始したクルマに関わる体験を提供するサービスポータルサイトです。

コンセプトは、「新しい移動のよろこび」を発見できる場所。

KINTOに申込むと、モビリティマーケットで利用できる3万円分のポイントが付与されます。

なかには「出張型のペーパードライバー講習」なども。

これから商品が増えてくると面白いサービスになりそうです。


株式会社KINTOは安心できる3つの理由を解説

株式会社KINTOは安心できる3つの理由を挙げます。

株式会社KINTOが安心できる3つの理由
  1. 株主はカーリース・金融のプロ
  2. 取締役は重鎮ばかり
  3. 採用情報、他社事例から力の入れ具合が分かる

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。


安心理由1:株式会社KINTOの株主はカーリース・金融のプロ

株式会社KINTOの株主は4社はカーリースと金融のプロです。

しかも、日本を代表する大会社ばかりが出資し、資本金は198憶円にのぼります。

株式会社KINTOの株主を詳しくみましょう。

株式会社KINTOの株主
  • トヨタファイナンシャルサービス株式会社(金融統括会社
    ⇒トヨタの金融事業の統括会社「TFSとは
  • 住友三井オートサービス株式会社(カーリース会社
    ⇒カーリース会社。クルマの管理台数は約100万台「会社概要
  • 住友商事株式会社(商社/住友三井オートサービスの株主
    ⇒言わずと知れた5大総合商社のひとつ「会社概要
  • 株式会社三井住友フィナンシャルグループ(銀行/住友三井オートサービスの株主
    ⇒日本3大メガバンクの一つ「会社概要

株式会社KINTOは、そうそうたるメンバーが株主に名を連ねています。

2019年に株式会社KINTOが設立されたときは、トヨタファイナンシャルサービスと住友三井オートサービスの2社が株主でした。

その後、住友商事と三井住友フィナンシャルグループからも出資を受けた形です。

↓2019年KINTO設立時の株主割合はこちら↓

株式会社KINTOの株主比率(2019年の設立時)

トヨタフィナンシャルサービスが66.6%と過半数以上を保有しています。

今は2社増えていますが、おそらくトヨタファイナンシャルサービスが過半数をもっていると思います。

発行済み株式の51%以上の株式を保有していれば単独で意思決定できるので。

また、2021年9月現在の資本金は198億円と、積極的な投資をするために資本を増やしていると考えています。

まとめます。

株式会社KINTOは安心できる理由1

・株主は日本を代表する大企業ばかり4社
・資本金は198憶円と投資を積極的にできる状態
・トヨタファイナンシャルサービスが議決権をもっていそう


安心理由2:株式会社KINTOの取締役は重鎮ばかり

株式会社KINTOの取締役5名は、全員が他社の要職も兼任しています。

設立が2019年と若い会社ですが、しっかりした方が経営をおこなっている実態があります。

株式会社KINTOの取締役

  1. 代表取締役社長 小寺信也氏
    トヨタファイナンシャルサービス取締役上級副社長を兼任
  2. 取締役 頃末広義氏
    トヨタファイナンシャルサービス代表取締役社長を兼任
  3. 取締役 長田准氏
    トヨタ自動車の執行役員(CCO:Chief Communication Officer)を兼任
  4. 取締役 北原顕氏
    住友商事 自動車モビリティ事業第一部長を兼任
  5. 取締役 冨永政義氏
    住友三井オートサービス 代表取締役専務執行役員を兼任

株主として株式会社KINTOに出資している各企業の社長や役員を兼任されています。

みなさんの経歴も分かる範囲でチェックしました。

経営企画や顧客コミュニケーション部門に在籍されている方が多いです。

小寺社長は、平成27年までの履歴書が公開されていましたので抜粋します。

株式会社KINTOの代表取締役社長 小寺信也さんの履歴

昭和59年 4月トヨタ自動車株式会社入社
平成19年 3月  同  社  商品企画部主査
平成21年 5月 同  社  経営企画部BR明日のトヨタ準備室主査
平成21年 6月同  社  商品企画部主査
平成22年 1月同  社  営業企画部中長期計画室室長
平成22年 2月同  社  BRコミュニケーション改善室室長業
平成23年 1月 同  社  営業企画部部長
平成24年 1月同  社  新興国企画部部長
平成25年 4月 同  社  常務役員就任
平成27年 4月 同  社  第2トヨタPresident
参照:https://global.toyota/pages/executives/2016/pdf/jp/44_shinya_kotera.pdf

小寺社長は、トヨタ入社後に企画関連の部門を率いてきた実績があります。

新しい事業を生み出す実績が認められ、株式会社KINTOの社長になられたのだろうと想像できますね。

まとめます。

株式会社KINTOは安心できる理由2

・取締役は全員が他の企業(主に株主企業)の役員を兼任
・企画関連、顧客コミュニケーション部門にいた方が多い
・小寺社長はトヨタ社内で統合企画部長などを歴任


安心理由3:株式会社KINTOの採用情報から入れ具合が分かる

株式会社KINTOが安心できる理由の最後は、採用情報から力の入れ具合が分かります。

↓2021年9月現在の募集職種一覧はこちら↓

参照:https://corp.kinto-jp.com/recruit/

これだけの職種で採用をかけています。

新卒募集をしておらず、すべて経験者採用。

2019年創業の会社ですが、資本金198億円を原資として積極的な採用を行っています。

特にエンジニア関連の募集が多く、KINTOのコミュニケーションアプリがどんどん増えそうで期待できます。

最近も、「わりかんKINTO」アプリが出ましたので、今後もサービスに合わせてアプリも増えるのでしょう。

小寺社長のインタビュー動画からも、KINTOはまだまだ進化する余地がありそうです。

株式会社KINTOは安心できる理由3

・198億円の原資を元に採用を積極的に行っている
・エンジニア募集が多いので、今後もアプリやサービスが増えそう


株式会社KINTOは安心できる3つの理由まとめ

クルマのサブスクKINTOを提供している株式会社KINTOとはどのような会社なのか。

2019年設立の若い会社ですが、安心できる3つの理由をお伝えしました。

最後にまとめますね。

株式会社KINTOが安心できる3つの理由
  1. 株主はカーリース・金融のプロ
    ⇒トヨタ、住友商事関連のカーリース・金融事業の会社が出資している
  2. 取締役は重鎮ばかり
    ⇒株主会社の役員を兼任し、企画系の部門を率いてきた方が多い
  3. 採用情報から力の入れ具合が分かる
    ⇒198憶の資本を元に28の職種を募集している ※2021年9月現在

やっつん

株主、取締役、採用情報から、トヨタが本気でKINTOに力をいれていることが分かりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

やっつん
スタンドで働いていた経験もあるクルマ歴25年のやっつんです。 愛車歴は、シルビア⇒RVR⇒レビン⇒セレナ⇒MPV⇒プリウス30系⇒プリウス50系。クルマは好きだけど他に時間を使いたい40半ばのおっさんです。