KINTOでレクサスRCはあり?オーナーズラウンジは使える?

kinto-lexus-rc

「レクサスRCの購入方法としてKINTOはあり?」
「KINTOでレクサスRCを契約するデメリットはないの?」

レクサスRCは大人の余裕が感じられる高級クーペの一台。

レクサス車オーナーになると「レクサスオーナーズラウンジ」など、極上のサービスを受けられます。

KINTOで契約した場合でも、オーナーズラウンジは問題なく利用できます。

レクサスオーナーズラウンジを利用したいがために、レクサスを選ぶオーナーさんもいますね。

そんなレクサスRSに興味ありな方向けに、レクサスRSを3年間維持したらお得な方法を比較してみました。

一覧表でコストだけでなく、メリットデメリットも解説します。

レクサスRSを考えている、興味のある方は、最後までぜひご覧ください!

KINTO(キント)とは車を所有するのではなく利用するサービスです。

KINTOとカーシェアリングとは全く違い、あなたに合った1台をカスタマイズして納車してもらい、契約期間中はあなただけが利用できる車になります。

KINTOとはトヨタ車かレクサスの新車をサブスク方式で利用するサービスです。
※サブスクはサブスクリプションの略で、ものを所有せず一定期間、定額で利用する契約方法です。

KINTOとは3年、5年、7年の契約期間が選べ、契約満了で車を返却するサービスです。
レクサス車で選択できる契約期間は3年のみです

KINTOとは途中解約も可能なサービスです。
⇒違約金はかかります。詳細は「絶対ダメ!選んではいけないKINTO解約タイミングとは?違約金を数十万円減らす方法」をご覧ください

KINTOのナンバープレートは「わナンバー」なの?
⇒ナンバープレートはわナンバーではないので安心してください

KINTOの契約になにが含まれているの?
⇒ガソリン代、駐車場代以外は税金や維持費、任意保険含めすべてコミコミです

KINTOの自動車保険(任意保険)はどんな保険なの?
⇒全年齢型の自動車保険が含まれた保険です。事故後の値上がりもありません

タイヤ交換はKINTOに入ってるの?
⇒タイヤ交換、オイル交換、すべてコミコミです

よりKINTOの詳細を知りたい方へ
⇒「KINTOとは何?7つのポイントと6つのFAQで【契約者が解説】」をご覧ください

KINTOの車種ラインアップは、予告なしで急に変わることがあります
状況はこの記事でチェックしてみてください。
⇒KINTO車種ラインアップの変化を毎日チェックし更新【要ブックマーク】

やっつん

クルマ生活アドバイザーであり、KINTOでプリウスを契約中の本記事執筆者です。
⇒車生活25年目でKINTOを契約した理由はこちら

レクサスRCのトータルコストを「購入」vs「KINTO」でチェック

lexus-rc1-2
参照:https://lexus.jp/models/rc/

次に、KINTOでレクサスRCを3年契約した場合と、購入し3年維持した場合を比較してみます。

↓レクサスRCをKINTOで3年契約した場合と購入し3年維持した場合を比較↓

KINTO一括購入
レクサスRC購入代金
(オプション・諸費用・値引きこみ)
6,599,070円
カーローン手数料
(金利3.9%)
404,334円
レクサスRC
3年後の想定売却価格
-2,885,832円
自動車保険(任意保険)/3年324,095円
メンテナンスなど/3年120,000円
購入のトータル金額/3年4,561,667円
レクサスRC月額料金130,900円126,713円
詳細情報へのリンク詳細を見る詳細を見る
KINTOシミュレーショントヨタ見積シミュレーションを参照
自動車保険の年齢条件は26歳以上を対象、12等級開始で計算

レクサスRCを購入とKINTOと比較すると、トータルコストでは購入の方が若干ですが安いことが分かりました。

もちろん、乗り方によっては3年後のクルマ買取価格がもっと安くなる可能性はありますが、一般的な乗り方で計算しています。

では、コストだけではない「購入のメリット・デメリット」をまとめておきます。

購入のメリット
 ⇒売却するか乗り続けるか自分で決められます
 ⇒KINTOの制限「ペット、喫煙、カスタマイズNG」に該当しない
 ⇒自動車保険を安価な「車両保険なし」で選べる ※おすすめしません

購入のデメリット
 ⇒税金、車検の支払い時にお金がまとまって出ていく
 ⇒クルマのトラブル時にリスクが大きい

では、最後にKINTO最大のメリット「クルマのトラブルがあった場合」の比較をしてみましょう。

万が一の事故やトラブルがあったときはどうなる?

lexus-rc2-2
参照:https://lexus.jp/models/rc/

クルマに乗っていると、不測の事故にまきこまれることもあります。

自分では慎重にクルマに乗っていても、信号待ちで追突されクルマが廃車になることも。

そんなとき、KINTOや購入、カーリースでどのような違いがあるのでしょうか?

3つのトラブルを比較してみます。

↓クルマの3大トラブル時の比較資料↓

kinto-logo3一括購入cosmo-logo3
morokomi-logo3
sompo-logo3
事故などで保険を使った場合支払い金額に変更なし翌年から3年間は自動車保険料があがる 翌年から3年間は自動車保険料があがる 翌年から3年間は自動車保険料があがる 翌年から3年間は自動車保険料があがる
廃車になった場合・違約金なしで中途解約
・残リース料の支払いなし
・クルマの残価部分の支払いもなし
・廃車になる
・廃車費用の支払い
・残リース料の支払い
・クルマの残価も支払い
・残リース料の支払い
・残リース料の支払い
・クルマの残価も支払い
事故車扱い(修復歴あり)になった場合返却時の査定にマイナス査定なし
※修理していることが前提
売却時の査定が大きくマイナスになる返却時の査定が大きくマイナスになる契約終了後はクルマは自分のものになるので影響少・契約終了後にクルマを買取れば影響少
・返却なら査定が大きくマイナス

それぞれ詳しく解説しますね。

レクサスRC運転中の事故などで自動車保険を使った場合

駐車場で見えないブロックにぶつけてレクサスRCのバンパーをへこませた、そんな場合に自動車保険を使ったとしましょう。

3年のうちに1回保険を使った場合、どれだけ自動車保険料が上がるか資料を作りました。

↓レクサスRCに3年乗って、無事故の場合と保険を使った場合の比較↓

無事故の場合事故1回(1年目)
1年目 の自動車保険料110,150円110,150円
2年目の自動車保険料108,032円165,225円
3年目の自動車保険料105,913円163,107円
7年間の合計324,095円438,482円
「費用参照:アクサダイレクトWEB見積り」から

事故にあった場合、保険を使わずに対応できればベストですが、金額が大きく保険をつかわなければならないことは多くあります。

このシミュレーションでは、レクサスRCでKINTO3年契約の1年目に保険を使った場合と無事故の場合を比較します。

赤字の部分が自動車保険の「事故有り」として設定される金額

保険を使った翌年から3年間は「事故有り」等級が適用され、金額が通常より1.5倍程度上がってしまうことに。

レクサスRCの場合、3年間のトータル金額では、1回保険を使うと約12万円ほど支払い金額が上がってしまいます

一方、KINTOでレクサスRCを3年契約していた場合は、保険を使った後も支払い金額が変わりません

レクサスRCが廃車になった場合

lexus-rc3-2
参照:https://lexus.jp/models/rc/

なんらかの理由でクルマが廃車になってしまった場合、KINTO以外の契約方法だと辛い状況になります。

カーリースの場合は残リース料とクルマの残価を支払い解約することになります。

場合によっては、解約手数料も追加でとられることも。

購入の場合も、クルマに乗り続けられません

もし、購入してまもない時期に廃車になったら、お金を捨てたようなもの、、

KINTOなら、たとえ廃車になっても違約金なしで中途解約となるので安心です。

レクサスRCが事故車扱いになった場合

廃車まではいかなくとも、事故車扱いになってしまう場合があります。

クルマを走らせるには問題なくても、交換したパーツによっては「修復歴あり」になることも。

事故車扱いになると、中古車市場での価値がガクンと下がってしまいます

購入の場合はクルマを売却する際、カーリースは返却時の査定が大きくマイナスに。

買い取り額は通常の半値以下になることおが多いようです。

一方、KINTOは事故車扱いになっても返却時の査定がマイナスになりません

参考:KINTO契約中に事故で廃車になっても費用の心配がない3つの理由

もちろん、保険などで修理をしていることが前提ですが、返却時の査定に影響がないことは大きなメリットです。

レクサスRCを購入とKINTOで比較 まとめ

KINTOでレクサスRCはお得に乗れるのか?トラブルには強いのか?を購入と比較し解説してきました。

最後にまとめますね。

KINTOでレクサスRCはお得に乗れる?
  • レクサスRCなら購入とKINTOどちらがお得か比較
    ⇒トータルコストは購入が少し安い
  • トラブル時のリスクをKINTOと購入で比較
    ⇒自動車保険使用時:KINTOは金額が変わらずお得
    ⇒廃車になった場合:KINTOはリース残を支払う必要がなく、相当お得
    ⇒事故車扱いになった場合:KINTOなら査定に影響がない

このような結果になりました。

クルマのトラブルも含めて考えると、当ブログでは、レクサスRC購入を検討するならKINTOをおススメします。

⇒KINTOでレクサスRCを見積もってみる

やっつん

クルマのトラブルは忘れたころにやってきます。
もしものときに困らないように、カーライフを楽しみましょう!





クルマでリスクを負いたくない全ての方へ
クルマをお得に維持する方法

人生100年時代、ライフプランが大事です。クルマのトラブルでライフプランが大きく崩れる可能性があるのをお気づきですか?クルマのトラブルで痛手を受けない方法をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!