☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

新型ノア購入を検討している理由:新型ノア購入検討シミュレーション第1回

新型ノア購入検討理由


「車を買うとき何に気をつければいいの?」
「新型ノアに興味あるけど、どうやってオプション決めればいい?」

そんな疑問にお答えします。

というか、私自身が新型ノアを近い将来購入したいと考えています

どうして新型ノアに興味をもったのか?

今はどんな状況で、なぜ新型ノアを検討しているのか?

現実的に、どのくらいのお金を出せるのか?

私が車購入を本気で考えている状況を赤裸々にすべてさらけ出します。

今後、複数回の記事で不定期にお伝えする予定です。

新型ノアに興味がない方でも「KINTO契約中の私が新たに車を乗り換える際に考える内容」は参考になると思います。

普通の自動車雑誌やメディアではお目にかかれない情報なので、興味があればぜひブックマークしてください!

この記事を読んでわかること
  • 新型ノアの買い替えを検討している生々しい情報
  • 今後の新型ノア買い替え予定記事情報
この記事の信憑性
やっつん-正面軽くグー
やっつん
  • 25年間で40万キロ以上走った著者が経験をもとに解説していきます
  • 国産メーカー4社のクルマ7台を乗り換えてきた経験
  • 納車3ヶ月で15万の自損事故を起こす、親友が購入2週間のクルマを廃車、など身近なクルマトラブル経験多数
  • KINTOでプリウス契約中

なぜ新型ノアの購入を考えているのか

new-noah7
参照:https://toyota.jp/

そもそもなんで私が新型ノアの購入を考えるようになったのか。

その理由をお伝えします。

そんなの興味ないよ!と思われるでしょう。
ですが、車購入を検討する理由は非常に大事です。
あなたが検討する際も、理由が適当だと奥さん(旦那さん)を説得できません
ぜひ、リアルな情報を手に入れ、あなたの車購入の参考にしてください!

子供が大きくなりプリウス後席に3人座るのがきつくなってきた

prius-back
参照:https://toyota.jp/

私は現行プリウスに乗っています。

家族構成は、私、奥さん、子供3人。

一番下の子供が大きくなり、子供2人と奥さんの3人がプリウスの後部座席に座るのがキツくなってきました。

近所に出かけるくらいならいいですが、長距離を乗るのはきつい状況。

コロナが落ち着いたら旅行を計画していますが、実際に車で移動すると相当疲れがたまりそうです。

怖いのは、子どもたちが家族旅行に行きたくなくなること

下の子はまだまだ大きくなりそうなので、どんどん後席が狭くなってきます。

家族旅行に行きたくない、車で一緒に移動したくないと思われないための車選びを考えるように。

今までミニバンを考えてはいませんでしたが、新型ノア・新型ヴォクシーを見て3列シートもありでは?と考えるように。

奥さんは自分が車を運転するならセダンタイプしかダメ、ということでミニバンを検討することはありませんでした。

一方で、奥さん含め「子どもたちが快適に長距離乗れる車」、ということならOKがでるのでは?という思惑もあります。

緑内障と診断され、いつまで車を運転できるか分からない状況になった

健康診断の眼底検査所見

先日、健康診断の結果で目の異常により要再検査という結果が。

眼科を受診すると、残念ながら「緑内障」という診断が出てしまいました。

緑内障とは
視野がだんだん狭くなり、最後には失明してしまう視神経の病気。
回復することはなく、薬で病気の進行を遅らせることしかできない。
参考:医療法人社団海仁「緑内障とは」

かなりショックで、このブログの更新の気力も失いかけました。

いつかは失明してしまう可能性が高いですが、現段階はまだ初期の状態で視野もそこまで狭くありません。

車を安全に運転できるうちに、できるだけ楽しみたい!という思いが強くなりました。

いま乗っているプリウスも不満があるわけではありませんが、せっかくなら家族で楽しめる車を早めに運転したい、という気持ちです。

まだまだ自分は若いと思っていましたが、緑内障という診断で現実を思い知らされました。

いつまでも車に好きなように乗れるわけではない、と分かったことが、新型ノア購入検討に向かった理由の一つです。

高齢の両親のサポートをする可能性が出てきた

kourei-fuufu

車で15分ほどの近くに住んでいる両親も高齢となり、いつ介護が必要なタイミングが分からない状態です。

両親は車をもっていないこともあり、何かあれば車で送り迎えなどをしていますが、プリウスだと乗り降りが大変と感じることも増加

セダンではなく、乗り降りがしやすいミニバンの方がなにかあった際に便利そうだと感じていました。

新型ノアと新型ヴォクシーでは、助手席側のスライドドアに足を乗せる「ユニバーサルステップ」をオプション追加可能。

このステップは地上から20センチの場所にあるので、階段よりも低いような段差で新型ノアに乗ることができます

足腰が弱まっている高齢の両親でも、かんたんに乗り降りできるはずです。

プリウスの場合、低重心にするためかシート位置が低すぎると感じることも。

特に高齢の両親は、プリウスで乗り降りするのが大変そう

車への乗り降りのしやすさも、新型ノアを検討している理由の一つです。

新型ノア購入検討シミュレーション:今後の予定

新型ノア購入検討シミュレーションの進め方は次のように考えています。

新型ノア購入検討シミュレーション予定
  • KINTOでプリウスを契約している現状の棚卸し
  • 新型ノアに乗り換えられる?お金事情のチェック
  • 新型ノア以外に候補はないの?新型ノアに乗りたい理由
  • 車庫入れ、運転は大丈夫?
  • 新型ノアのグレードはどうする?オプションは?
  • 契約方法はどうする?
  • 奥さんの合意は取れるのか?

このように新型ノア購入検討のシミュレーションを進める予定です。

ブログ記事にするタイミングは不定期予定ですが、週に1回くらいは更新を考えています。

よろしければブログをブックーマークいただき、たまに覗きにきてください!

やっつん

具体的に、車を買い換える背景も含めた情報はほとんど見たことがありません。
あなたが車を検討するヒントがきっとあると思います♪


クルマの3大リスクとは?

↓詳細はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!