☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

【2022年版】車のサブスク3社を5ポイントで比較!高い?安い?安心?

車サブスク3社比較

あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします。
※この記事は2022年1月2日に書いています。

本ブログ「KINTOで豊かなカーライフ応援ブログ」では、私がプリウスを契約しているKINTOの情報を中心にお届け中。

そんななか、よく問い合わせいただくあります。

「KINTO以外に車のサブスクサービスはないの?」
「KINTO以外にホンダやニッサンもサブスクはじめたけど、何が違うの?」

トヨタはKINTO、ホンダは楽まる、日産はNISSAN ClickMobiというサブスクサービスを提供中。

新年一記事目ということもあり、メーカー系の車サブスク3社の比較します!

この記事の信憑性
  • 25年間で40万キロ以上走った著者が経験をもとに解説していきます
  • 国産メーカー4社のクルマ7台を乗り換えてきた経験
  • 納車3ヶ月で15万の自損事故を起こす、親友が購入2週間のクルマを廃車、など身近なクルマトラブル経験多数
  • KINTOでbZ4Xを5/12に契約
  • 2020年10月からKINTOでプリウス契約中

車のサブスク3社について

今回比較する車メーカー3社のサブスクについて簡単にご紹介します。

トヨタのサブスク「KINTO」

kinto-banner1
参照:https://kinto-jp.com/

トヨタのサブスクKINTOは、トヨタが2019年2月にはじめた車サブスクサービスです。

日本国内で車のサブスクではパイオニア。

わたし自身も、2020年9月にKINTOでプリウスを契約しています。

KINTO高すぎるの?

KINTO最大の特徴は、自動車保険が含まれていること。

誰が乗っても金額が変わらないので、自動車保険が高い若い方にメリットが大きいサービスです。

自損事故で車を修理しても、保険代が高くならないのも安心。

実際、私が納車2か月でKINTOの保険を使った話も記事にしてます。

自損事故でも楽しいカーライフの理由

また、KINTOはサービス提供から約3年のノウハウを元にサービスをより充実させてきています。

最近では、昨年12月「解約金フリープラン」を追加しています。

そのほかにも、下記のサービスをKINTOは追加しています。

KINTOが追加してきたサービス
  • のりかえGOの提供開始(2020年5月)
  • わりかんKINTOアプリ提供開始(2021年9月)
  • 一部車種でカスタマイズ、サーキット走行を可能に(2021年10月)
  • 契約期間を3年間だけから5,7年を選択できるように(2020年5月)

KINTO自体が日本で初めての取り組みなので、いろいろ試行錯誤を重ねている状況ですね。

今後も新たなサービスが追加されることをユーザーとしても期待しています。

ホンダの車サブスク「楽まる」

楽まる-banner1
参照:https://www.honda.co.jp/HFC/auto/rakumaru/

ホンダは楽まるというサービスを2021年5月から提供しています。

楽まるの特徴は、契約終了後に買取が可能だということ。

7年契約なら、新たな出費なく車をもらえます。

また、返却時も30万円までの修理費用なら自己負担がありません。

ドアパンチ跡などついていても、自己負担なしなのは安心ですね!

日産の車サブスクNISSAN ClickMobi

clickmovi-banner1
参照:https://ws.nissan.co.jp/

3社目は日産が2020年3月に提供開始したNISSAN ClickMobiです。

現在ラインアップされているのは9車種と多くはありませんが、そのうち4車種は軽自動車なのでエントリーユーズに適してますね。

特徴は、喫煙やペット同乗を可能にしていること。

多くのカーリースはNGなので、愛煙家、ペット愛好家にはうれしいですね!

車のサブスク3社を5ポイントで図解

車サブスク3社を5ポイント比較
作成:やっつん
青色の線:トヨタのサブスク「KINTO(キント)」
オレンジの線:ホンダのサブスク「楽まる」
灰色の線:日産のサブスク「NISSAN ClickMobi」

車サブスク3社を「金額、契約方法、ラインアップの多さ、乗り換えしやすさ、制限の少なさ」5ポイントで図解してみました。

車サブスクを比較した5ポイントは、下記の視点で5段階評価しています。

車サブスク比較の5ポイント
  1. 金額
    他社カーリースと比較し5段階で評価
  2. 契約方法
    契約の簡単さを5段階で評価
  3. ラインアップの多さ
    車サブスクサービスで提供されている選択肢を5段階で評価
  4. 乗り換えしやすさ
    契約途中での乗り換えがしやすいか5段階で評価
  5. 制限の少なさ
    車サブスク利用中の制限の少なさを5段階で評価

では、詳細を見ていきましょう!

車サブスクを金額で比較

車サブスクを金額で比較
車サブスク金額比較結果
  • KINTO:5ポイント
  • 楽まる:4ポイント
  • NISSAN ClickMobi:4ポイント

車サブスク3社の月額料金を他のカーリース会社の金額と比較すると、各社とも金額は安いことが分かりました。

特にKINTOの場合、自動車保険を含めて比較しても他社よりも安いことも。

ルーミーで比較した結果を例に挙げます。

kinto-logo3cosmo-logo3
morokomi-logo3
sompo-logo3
月額利用料金 33,000円 37,070円 37,840円 37,190円
自動車保険
(任意保険)
利用料金に含む 月7324円 月7324円 月7324円
7年間のトータル金額 2,772,000円 3,729,096円 3,793,776円 3,739,176円
KINTOとの差額 +957,096円 +1,021,776円 +967,176円
特徴 ・廃車になっても違約金なしで解約可能
・事故車扱い時にマイナス査定なし
コスモのSSならガソリン代がリッター5円引き 契約終了後に車が自分のものになる 契約終了後に車買取可能
詳細情報へのリンク 詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
車種はルーミーXで比較
自動車保険は、KINTO以外は26歳以上12等級開始でシミュレーション
「費用参照:東京海上日動WEB見積もり」から

ルーミーXモデルの場合、KINTOは自動車保険も含まれているのに他カーリース各社よりも4000円以上安い状況です。

さらに、KINTOは支払い方法にクレジットカードを選べ、カード会社のポイントも貯まります。

トータルでKINTOはかなり安いと評価し、KINTOの価格は5段階中「5」をつけました。

KINTOでルーミー

ホンダの楽まるを「オデッセイABSOLUTE・EX」で他社カーリースと比較したところ、月額3000円ほど楽まるのほうが安い結果となりました。

ただ、支払方法は明記がなく、クレジットカード払いが可能かどうかわからないので、評価は4としています。

日産のNISSAN ClickMobiを「セレナ e-POWER ハイウェイスターV」で他社リースと比較したところ、月額8000円ほど NISSAN ClickMobi 安い結果となりました。

かなり安いですが、7年契約終了後の残価を145万円とかなり高く設定しているのは要注意。

傷や経年劣化で返却時のペナルティ金が高まる可能性もあります。

ですが、丁寧に利用していれば月額料金は安くおさえられるので、評価は4としました。

車サブスクを契約方法で比較

車サブスクを契約方法で比較
車サブスク契約方法の比較結果
  • KINTO:5ポイント
  • 楽まる:4ポイント
  • NISSAN ClickMobi:2ポイント

次に、車サブスクの契約方法で5段階評価した結果についてです。

通常、車の契約は「来店⇒見積⇒検討⇒審査申し込み⇒審査OK⇒契約書記入捺印」といった流れで、何時間もかかります。

車サブスク3社でみると、WEB完結できるKINTOとNISSAN ClickMobiの契約はとても楽

納車時以外は店舗に行く必要もありません。

一方でホンダの楽まるは、通常の契約と同じように店舗で手続きが必要

そのため、楽まるの評価は2としています。

KINTOは、すでに3年近くサブスクサービスを提供しているので、契約以外のFAQ情報、チャットサービスが充実。

そのため、唯一5の評価としています。

車サブスクをラインアップの多さで比較

車サブスクをラインアップの多さで比較
車サブスクラインアップの多さ比較結果
  • KINTO:5ポイント
  • 楽まる:4ポイント
  • NISSAN ClickMobi:2ポイント

車サブスクを検討する際、選べる車種の多さは重要ですね。

KINTOはトヨタ車で21車種、レクサスで2車種ラインアップされています。

それ以外に乗降サポート機能がついたモデルや、エアロパーツ装着車なども選べ、すべて合わせると42車種から選択でき、評価を5としました。

ホンダの楽まるは15車種からと多いですが、乗降サポート機能車などが選べるか不明なので評価は4。

日産のNISSAN ClickMobiは8種類から選択できます。

NISSAN ClickMobiは8車種中4車種が軽自動車なので、少し選択幅が少なく評価は2としています。

車サブスクを乗り換えしやすさで比較

車サブスク乗り換えしやすさの比較結果
  • KINTO:4ポイント
  • 楽まる:3ポイント
  • NISSAN ClickMobi:1ポイント

契約期間は、3社ともに3,5,7年契約から選択します。

契約期間中にライフプランが変わり車を乗り換えたい場合の乗り換えしやすさを比較してみました。

KINTOの場合、手数料はかかりますがのりかえGOというサービスで乗り換えをサポートしています。

ただ、一定の期間契約期間が過ぎないと乗り換えられないので、評価は4としました。

楽まるは中途解約金はかかりますが可能なので評価を3。

NISSAN ClickMobiは、乗り換えは原則不可なので評価を1としています。

車サブスクを制限の少なさで比較

車サブスクを制限の少なさで比較
車サブスク制限の少なさ比較結果
  • KINTO:2ポイント
  • 楽まる:4ポイント
  • NISSAN ClickMobi:4ポイント

最後に車サブスクを「喫煙、ペット同乗、カスタマイズ可か?」という制限について評価。

KINTOは喫煙とペットはNG、カスタマイズは一部車種を除きNGなので評価を2としています。

楽まるは明確な記載はないですが、買取も可能なので評価は4としました。

NISSAN ClickMobiは喫煙、ペットはOKとうたっています。

ただ、あまりにひどいにおいや汚れの場合は返却時に追加でお金が必要になるので、評価は4としています。

車サブスク3社を5ポイントで比較のまとめ

メーカーが提供している車サブスク3社を比較してきました。

最後にまとめますね。

車サブスク3社のまとめ
  • トヨタのサブスクKINTO
    ⇒5ポイントの5段階評価は3社で最高の21ポイント
    ⇒2019年から蓄積したノウハウでサービスが充実している
    ⇒喫煙、ペット同乗禁止などの制限は要注意
  • ホンダのサブスク楽まる
    ⇒5ポイントの5段階評価はKINTOに次ぐ16ポイントで2位
    ⇒全体的にそつがないが、店舗でしか契約できない難点あり
  • 日産のサブスクNISSAN ClickMobi
    ⇒5ポイントの5段階評価は13ポイントで最下位
    ⇒契約終了後の買取可能も買取設定金額が高いので要注意

2022年は車のサブスクが急速に増えていきそうな予感があります。

やっつん

一足先に車のサブスクを経験してますので、何かありましたらお気軽にご連絡ください!

トヨタのサブスクKINTOを公式サイトでチェック!

ホンダのサブスク楽まるを公式サイトでチェック!

日産のサブスクNISSAN ClickMobiを公式サイトでチェック!


クルマの3大リスクとは?

↓詳細はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!