☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

bZ4Xが箱根駅伝を走る!トヨタのBEVにかける思いの強さとは?

ふと、箱根駅伝の中継を見ていると、なにやらぴょこぴょこ見慣れない車が。

あっ、bZ4Xが伴走してる!?

自分がキャプチャした画像はこちら。

bZ4X-hakone1
参照:箱根駅伝

一部分だけですが、公道をbZ4Xが走っているのは圧巻ですね。

今回は、箱根駅伝で公道を走ったbZ4XのSNS画像や動画を紹介。

また、トヨタがBEVに本格参入する第一弾「bZ4X」にかけるトヨタの意気込みを分析します!

やっつん

クルマ生活アドバイザーのやっつん(⇒プロフィール)です。
楽しいクルマ生活を送る方法をお伝えしています!

bZ4XはKINTO限定リリース!

bZ4XはKINTO専用プランで5月12日に販売開始!bZ4Xの特徴、利用できる補助金について説明。bZ4XがKINTOで提供される理由についても解説。

kintoでbZ4X
bZ4Xの納期は6月からの予定

bZ4X納期は6月~の予定とのこと。bZ4XイベントでKINTO担当さんから直接お話を聞くことができました。初回3000台はすべて年内納車予定とのこと。他にもバッテリー交換費用など聞いた内容を記事にしました。

bZ4X納車時期
【5/4追加】bZ4Xは本当に高い?

bZ4Xの価格は頭金77万、月額料金88,220円~と発表されました。bZ4Xは高い?高すぎる?そんな声に応えた記事を書きました。

bZ4X-high-price
国内のbZ4X価格予想が的中!(2022/4/13追記)

国内向けbZ4X参考価格は600万(2WD)と650万(4WD)と判明。グレードの名称と予想価格がほぼ合致しました!bZ4Xグレードごとの予想金額記事はこちら。

bz4x価格とグレード予想

SNSで広がったbZ4Xの画像や動画

今日の箱根駅伝は、bZ4Xを待ちわびてる人種にとってお祭りでしたね!

まず最初は、沿道で応援されていた「かざくる」さんが撮影されたbZ4Xの動画。

きれいに撮影されてます!

実際に公道を走っていると、やっぱりイメージ湧きますね。

思ったよりもコンパクトに感じたのは私だけでしょうか?


お次は「ToMoの嵐さん」がツイートされた写真。

こちらも沿道で応援されていた場所から撮影されたようですね!

隣がアルファードだからかもですが、思ったより車高が低いイメージです。

大人が4人?乗ってるから少し沈んでいるのかも。

次は、横から撮影された「Y200さん」の画像をご紹介。

この写真を見ると、やっぱり結構車高低い感じですね。

全高はハリアーとほぼ同じ1650㎜なんですが、そんなに高い感じがしないのはなぜ?

ホイールベースが2850㎜とハリアーより160㎜長いせいでしょうか?

最後に、沿道近くからの写真をアップされた「naokiT.K」さんのツイートを。

光の加減でめちゃくちゃテカってます^^;

きれいですねー

シルバーもいいですが、個人的にはホワイトが気になってます。

bZ4Xにかけるトヨタの意気込み

bZ4X-toyota-03

bZ4Xを箱根駅伝の公式カーとしてサプライズ登場させたことは、トヨタがbZ4Xに並々ならぬ期待を込めている証拠だと感じてます。

箱根駅伝は平均世帯視聴率が30%前後のお化けコンテンツ。

正月は箱根駅伝ってお家、多いですよね?

特に車のターゲット顧客層が箱根駅伝をよく見るので、箱根駅伝のプロモーション効果はとても大きいです。

そんな箱根駅伝にbZ4Xをサプライズ登場させたのは、初代プリウス並みにbZ4Xに力を入れている証拠でしょう。

bZ4XをBEVの世界戦略車にするための価格設定

間違いなくbZ4XはトヨタのBEV世界戦略車です。

今年中に国内でも販売開始されますが、気になるのはお値段。

いいものであることは誰も疑わないですが、「普通の人」の手が届く範囲になるか?

そこが一番気になるところですよね。

私は、ベースグレードは「478万円」で登場すると予想しています。

EV補助80万で、400万円を切る価格を目指していると考えています。

イギリスでのbZ4X販売価格などから予想した記事を書いてますので、ぜひご覧ください。

bZ4X予想価格は478万

また、現時点ではグレードの詳細情報は解禁されていません。

ハリアーなどから、bZ4Xの国内ラインアップを予想した記事も書いてます。

bz4x価格とグレード予想

モデルごとの予想価格はもちろん、タイヤサイズ、ディスプレイオーディオ、安全機能、シート、ステアリング、フロントライト、パワーバックドア、パノラマルーフなども予想。

かなり細かく予想してますので、ぜひお楽しみください!

2022年2月19日追記
bZ4Xは当面KINTO限定として提供されるアナウンスがありました
⇒bZ4XはKINTO限定提供!電気自動車をサブスクで利用するメリット・デメリット

箱根駅伝を走るbZ4Xのまとめ

2022年の最初からトヨタのマーケティング戦略には驚かされますね。

箱根駅伝を走るbZ4Xのまとめです。

箱根駅伝を走るbZ4Xまとめ
  • bZ4Xはすでに公道を普通に走れるレベル
  • 思ったよりbZ4Xの車高は低く感じる
  • bZ4Xの存在感は結構あるが、個人的には白が好み
  • トヨタのbZ4Xにかける思いが普通ではない
  • きっとbZ4Xのベースグレードは478万円で出てくれるはず!(願望)

やっつん

明日も箱根駅伝はあるので、bZ4Xを楽しみつつ応援したいと思います♪


クルマの3大リスクとは?

↓詳細はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!