トヨタbZシリーズの金額や電費を大胆予測!【トヨタEV戦略】

トヨタbZシリーズ予想

「なんかトヨタが電気自動車に本気出すって聞いたけど、どうなの?」
「トヨタのEV戦略でどんな車が
出てくるの?」

昨日(2021年12月15日)、トヨタの豊田章男社長は2030年までのEV戦略の発表が行われました。

発表のなかで、トヨタのEV戦略について具体的な数値で方針が発表されています。

トヨタのEV戦略(一部)
  • 年間350万台のBEV(電気自動車)の販売予定
  • 2030年までに8兆円の研究開発費を予定
  • 2035年までにレクサスブランドは全てBEVになる

急な発表で驚きましたが、トヨタが電気自動車に本気であることは間違いありません。

また、会場では7車種ラインアップする予定の電気自動車シリーズbZ(ビージー)シリーズ5車種がお披露目されました。

bZ4Xは2022年中ごろに販売開始されますが、その他のモデルの情報は今回初めて公開。

見た目から、bZシリーズ5車種のスペック、金額、電費などを予想してみました。

トヨタのEV戦略車に興味があるかたは必見です!

bZ(ビージー)シリーズ5車種の価格・電費・スペック予想!

トヨタの豊田章男社長は、会見のなかで「乗って楽しい車を提供したい」と何度もおっしゃっていました。

トヨタは、実は1996年に実験的なEV車「RAV4EV」をリリースしています。

その際にはEVに楽しさを見いだせなかったようですが、今は「EVでも楽しい走りを期待できるレベルになった」と断言しています。

そんなトヨタEV戦略の中心的なシリーズとなるbZシリーズ5車種について見ていきましょう。

トヨタのBEVプラットフォーム第一弾 bZ4X:ハリアーと比較

toyota-bev-bZ4X
参照:https://global.toyota/

まずは2022年の夏頃?に発売が予定されているbZ4Xから。

車格が似ているハリアーと比較してみました。

プロトタイプと伝えられていますが、ほぼ製品版と同等だと思われます。

細かいスペックも公開されていますが、価格はいまのところ未定なので予想です。

bZ4X-toyota-04

bZ4X(2WD)
KINTOでハリアー3
ハリアー
価格450万~600万 
※予想
299万~504万
車両重量(kg)1,920~1,680
一充電走行距離(WLTCモード)460km~500km前後
電費(WLTC燃費) 7km/kWh15.4km/L~22.3km/L
加速性能(0-100㎞/h)7.7秒~8.4秒
最小回転半径(m)5.75.7
全長x 全幅x 全高(mm) 4,690×1,860×1,6504,740×1,855×1,660
室内長x 室内x 室内高(mm) 1,940×1,515×1,1601,880×1,520×1,215
電力量(バッテリー容量)71.4kWh
ホイールベース(mm)2,8502,690
参照:https://toyota.jp/

bZ4XはKINTOを利用できる?補助金は?トヨタ電気自動車の戦略を公開された情報から予想もご覧ください。

トヨタがグローバルでEV戦略を行う最初の車種がbZ4X。

スペックとしては真新しいものはないですが、おそらく価格破壊を行ってくると考えています

SNSなどの予想価格は500万~ですが、大幅に安い金額を提示するのではないかと期待してます。

日本円で450万からと予想しました!

bZスモールクロスオーバー:アイゴXと比較

toyota-BEV-bZ-compactSUV
参照:https://global.toyota/

次はbZのスモールクロスオーバーを見ていきましょう。

これは、ぱっと見たときに「ヨーロッパ専用車のアイゴXじゃないの?」と感じた車種。

アイゴXは、ヨーロッパで人気のアイゴをフルモデルチェンジしたもの。

トヨタアイゴX
参照:https://www.toyota-europe.com/

どうでしょう?似てませんか?

また、記者会見では、「電費」について言及されていました。

1kmクルマを走らせるのに、125Whとのことです。

8km/kWhとなり、電費がよいとされる「テスラのモデル3」より高い電費のようです。

アイゴXのスペックを元に、bZスモールクロスオーバーのスペックを予想してみました。

toyota-BEV-bZ-compactSUV

bZスモールクロスオーバー
トヨタアイゴX
アイゴX
価格280万~ 
※予想
200万~
車両重量(kg)1250~
※予想
940
一充電走行距離(WLTCモード)400km前後
※予想
電費(WLTC燃費) 8km/kWh
加速性能(0-100㎞/h)10秒~
※予想
最小回転半径(m)4.7
※予想
4.7
全長x 全幅x 全高(mm) 3,700×1,740×1,510
※予想
3,700×1,740×1,510
電力量(バッテリー容量)50kWh
※予想
ホイールベース(mm)2,430
※予想
2,430
アイゴXの情報参照:ベストカーのコラムより

bZコンパクトSUV:C-HRと比較

toyota-BEV-bZsmallSUV
参照:https://global.toyota/

次はbZコンパクトSUVです。

こちらはC-HRにとても似ていると感じたのは私だけでしょうか?

スタイリッシュなリアデザインと長めのホイールベースがかっこいいですね!

ということで、bZコンパはスペックをC-HRと比較してみました。

toyota-BEV-bZsmallSUV

bZコンパクトSUV
lineup_c-hr2
C-HR
価格360万~ 
※予想
241万~314万
車両重量(kg)1,650~
※予想
1,390~1,480
一充電走行距離(WLTCモード)420km前後
※予想
電費(WLTC燃費) 7km/kWh
※予想
14.3km/L~25.8km/L
加速性能(0-100㎞/h)8秒~
※予想
最小回転半径(m)5.2
※予想
5.2
全長x 全幅x 全高(mm) 4,390×1,795×1,550
※予想
4,390×1,795×1,550
電力量(バッテリー容量)60kWh
※予想
ホイールベース(mm)2,640
※予想
2,640
参照:https://toyota.jp/

bZ SDN:プリウスと比較

toyota-BEV-bZ-sedan
参照:https://global.toyota/

次にbZ SDN、セダンタイプを見ていきましょう。

ことなくプリウスに似ているような気がしています。

また、全体のシルエットはテスラのモデル3に似てるようにも思えます。

車格としてカムリの後継のような感じもするのですが、ベースはプリウスで比較しスペック予想してみました。

toyota-BEV-bZ-sedan

bZ SDN
プリウスブラックエディション-2
プリウス
価格340万~ 
※予想
260万~364万
車両重量(kg)1,700~
※予想
1,320~1,380
一充電走行距離(WLTCモード)560km前後
※予想
電費(WLTC燃費)8km/kWh
※予想
27.2km/L~32.1km/L
加速性能(0-100㎞/h)9秒~
※予想
最小回転半径(m)5.6
※予想
5.1~5.4
全長x 全幅x 全高(mm) 4,675×1,820×1,520
※予想
4,575×1,760×1,470
電力量(バッテリー容量)70kWh
※予想
ホイールベース(mm)2,700
※予想
2,700
参照:https://toyota.jp/

プリウスの流れを受け、 一充電走行距離 はbZシリーズで一番長距離を走れるモデルとするのではないでしょうか?

バッテリー容量はbZ4Xとほぼ同容量としつつ、電費はbZスモールクロスオーバーと同程度と予測してみました。

bZ ロングサイズSUV:ランドクルーザープラドと比較

toyota-BEV-bZ-largeSUV
参照:https://global.toyota/

bZシリーズ最後はbZラージSUVです。

こちらは発表会で「3列シートも搭載可能なロングサイズSUV」と紹介されていました。

3列シートのSUVというとランドクルーザープラドのような位置づけなので、プラドと比較しています。

toyota-BEV-bZ-largeSUV

bZ ラージSUV
ランクルプラドー車種一覧
ランドクルーザープラド
価格520万~ 
※予想
366万~554万
車両重量(kg)2,350~
※予想
2,050~2,330
一充電走行距離(WLTCモード)450km前後
※予想
電費(WLTC燃費)5km/kWh
※予想
8.3km/L~11.2km/L
加速性能(0-100㎞/h)11秒~
※予想
最小回転半径(m)5.8
※予想
5.8
全長x 全幅x 全高(mm) 4,720×1,870×1,800
※予想
4,825×1,885×1,850
電力量(バッテリー容量)90kWh
※予想
ホイールベース(mm)2,790
※予想
2,790
参照:https://toyota.jp/

bZシリーズとテスラを比較

toyota-BEV-akio
参照:https://global.toyota/

電気自動車業界で圧倒的な存在感を放つテスラ。

今回スペックを予想してきたbZシリーズを中心に、トヨタBEV戦略車とテスラの車種を比較してみました。

トヨタテスラ
本格SUV bZ4Xサイバートラック?
コンパクトSUVBZ コンパクト SUV
スモールSUVBZ スモールクロスオーバー
セダンBZ SDNモデル3
高級セダンレクサスシリーズで予定モデルS
3列シートSUVBZ ラージSUVモデルY
高級SUVレクサスRZモデルX

トヨタのBEV車種とテスラ車種を比較すると、コンパクトSUVやスモールSUVにはテスラは参入していません。

今後も、おそらく参入することはないかな?と個人的に感じています。

テスラは電気自動車の特性をうまく魅力につなげ大成功を収めています。

例えば、0-100km/hで2.6秒!など、ガソリンエンジン車ではスーパースポーツカーでも実現が難しいスペックを打ち出しています。

車好きな人は、この加速性能で心惹かれてしまいます。

一方で、コンパクトSUVやコンパクトカーには、ハイパースポーツカーのような加速性能は求められていません

おそらく、そんなコンパクトカーは安心して走らせられませんし 笑

トヨタbZシリーズの金額や電費、スペック予測のまとめ

ここまで、トヨタbZシリーズの金額や電費、スペックについて予想してきました。

最後にまとめますね。

bZシリーズの金額、電費、スペック予想まとめ
  • bZ4Xはハリアーと比較
    ⇒価格予想は450万~
  • bZスモールクロスオーバーはアイゴXと比較
    ⇒価格予想は280万~
  • bZコンパクトSUVはC-HRと比較
    ⇒価格予想は360万~
  • bZ SDNはプリウスと比較
    ⇒価格予想は340万~
  • bZラージSUVはランドクルーザープラドと比較
    ⇒価格予想は520万~

この程度の価格帯になったらいいなー、という願望も入っています 笑

トヨタがプリウスで世界をあっと言わせたように、今回はEVでも世界を驚かせてくれることでしょう。

また続報が入ったら追記していきますね!





クルマでリスクを負いたくない全ての方へ
クルマをお得に維持する方法

人生100年時代、ライフプランが大事です。クルマのトラブルでライフプランが大きく崩れる可能性があるのをお気づきですか?クルマのトラブルで痛手を受けない方法をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!