☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

bZ4Xの価格発表!国内価格を大胆予想したら驚きの安さに

bZ4X予想価格は478万
bZ4X契約しました!!

5/12にbZ4Xを契約しました!なぜ私はbZ4Xは高いと言われているにも関わらずKINTOでbZ4Xを契約したのか?その理由を記事にまとめました。

bZ4X契約しました

「bZ4Xのイギリス向け価格って高くない?」
「国内でbZ4Xの価格は結局いくらくらいになるの?」

そんな疑問にお答えします。

とうとう、bZ4Xの価格が発表されました!

といっても、発表されたのはイギリスでしたが^^;

そのイギリスで発売されるbZ4Xの価格はベースグレードで4万1950ポンド(約630万円)

高っ!!

という第一印象をもちましたが、よくよく調べてみると大きな間違いでした。

イギリス向けで630万という価格に惑わされてはいけません!

理由は、日本で販売されるトヨタ車の価格とイギリス販売価格は大きく違うから。

この記事では、イギリス販売のトヨタ車を国内販売価格と比較し、bZ4Xの国内販売価格を予想しました。

bZ4Xに興味ある方は、ぜひ最後までご覧ください!

【5/3追加】bZ4Xは本当に高い?

bZ4Xの月額料金が発表されました!
申込金:77万円
月額料金(1~4年間):2WD 88,220円、4WD 97,020円 
※国の補助金値引き後、オプションなしの場合

bZ4Xの価格は高いでしょうか?検証した記事を書きました。

bZ4X-high-price
bZ4Xで公道を試乗しました!

bZ4X公道試乗レビュー記事を書きました!
全国で唯一bZ4Xを公道試乗できるイベントに参加。

ブレーキタッチや車両感覚など、一般ユーザーならではの感覚でのレビューです。
bZ4Xに興味があるなら、ぜひご覧ください!

bZ4X-testdrive2
【注意!】bZ4Xは激しい争奪戦になりそうです

bZ4Xは5月12日にKINTOでのみ提供予定です。ただ、初回3000台限定と少なく、激しい争奪戦が予想されます。できるだけ確実にbZ4Xを手に入れる方法をKINTO契約者の私が記事にまとめました。
👉bZ4Xは争奪戦?契約開始前のリハーサルで確実にゲットしましょう!

bZ4Xの納期は6月からの予定

bZ4X納期は6月~の予定とのこと。bZ4XイベントでKINTO担当さんから直接お話を聞くことができました。初回3000台はすべて年内納車予定とのこと。他にもバッテリー交換費用など聞いた内容を記事にしました。

bZ4X納車時期

bZ4Xのイギリス価格は高くはない?

実は、bZ4Xのイギリス価格は高くありません

というのも、他のトヨタ車含め日本車はイギリスでは高価だから。

日本国内より高くなる理由はいくつかありますが、関税や輸出コストなどが上乗せされています。

まず、イギリスのトヨタ車ベースグレードと金額を見ていきましょう。

イギリストヨタ車の販売価格チェック① ヤリスなど

小型車やセダンなどの価格をチェック。

いきなり驚くのは、ヤリスハイブリットモデルが約300万というもの。

この価格には、VAT(付加価値税)などが含まれています。

イギリスモデルと国内仕様は少し違うものの、国内価格は税込みでだいたい230万程度です。

同じように他のトヨタ車種もチェックしてみましょう。

分かりやすいように一覧表にしてみますね。

イギリス販売価格(日本円)イギリス販売価格
(ポンド)
日本国内販売価格(想定)国内価格とイギリス価格の比率
ヤリスHV 約300万 20,210ポンド 約230万 約1.3倍
GRヤリス約450万30,020ポンド約330万 約1.36倍
カローラクロスHV約340万22,515ポンド約260万 約1.3倍
カローラスポーツHV約370万24,855ポンド約270万 約1.37倍
カローラツーリングHV約390万26,125ポンド 約280万 約1.39倍
カローラセダンHV約360万24,190ポンド 約260万 約1.38倍
日本国内販売価格はイギリスモデルから推測したオプションなどを追加した金額。1ポンド150円で計算
参照:https://www.toyota.co.uk/
https://toyota.jp/

上記6車種の価格差の割合をよく見てください。

イギリスで販売されている価格はだいたい日本国内で販売されている価格の1.3倍~1.4倍弱は高いことが分かりました

ということは、bZ4Xのイギリス価格は、日本国内価格の1.3倍~1.4倍弱高いのかも!?

もう少し他の車種でもチェックしてみましょう。

車種によっては、ベースグレードの違いやボディサイズ自体が違う場合があります。今回はbZ4Xの価格予想のため、ざっくりと日本国内価格と比較を行っています。

イギリストヨタ車の販売価格チェック② RAV4など

お次はbZ4Xも含まれているSUVやスポーツカーなど。

イギリス価格が近いRAV4プラグインハイブリッドも見てみましょう。

イギリス販売価格(日本円)イギリス販売価格
(ポンド)
日本国内販売価格(想定) 国内価格とイギリス価格の比率
C-HR 約420万 28,175ポンド 約290万 約1.44倍
RAV4 HV約480万31,945ポンド約370万 約1.29倍
RAV4プラグイン約630万41,750ポンド約500万 約1.26倍
GRスープラ約690万46,010ポンド約550万 約1.25倍
プリウス約375万24,880ポンド280万 約1.33倍
日本国内販売価格はイギリスモデルから推測したオプションなどを追加した金額
参照:https://www.toyota.co.uk/
https://toyota.jp/

価格が高い車種は、先ほどよりも比率は小さくなっています。

それでも、価格比率は1.25倍~1.44倍なので、平均するとだいたい1.3倍程度イギリス価格は日本価格よりも高い結果となりました。

では、いよいよbZ4Xの日本国内価格予想へ。

bZ4Xの国内価格予想は478万円から!

bZ4X-toyota-03

【注意!】このbZ4X金額情報は公式発表前の予想です。最新のbZ4X提供情報は下記をご覧ください。
⇒【最新情報】bZ4XはKINTOで5/12販売開始!補助金は月額利用料の値引きで対応

bZ4Xの国内価格予想は、、

ずばりbZ4Xは478万円から!

と予想します!!

日本国内では、当面のあいだKINTOで提供されるとのこと。

KINTOでの月額利用予想価格は、、

KINTOは月額59,840円から

と予想!

ボーナス払いなし、7年契約でbZ4Xベースグレードの金額予想です。

自動車保険、税金、車検費用こみこみなので、この金額で提供されたとしたら、意外と「あり」なのではないでしょうか?

bZ4XのKINTO月額料金を予想しました

5月2日に正式発表されるbZ4XのKINTO月額料金を予想した記事を書きました。詳細をシミュレーションした結果、2WDが月額78,959円、4WDが86,459円と予想。詳細はこちらの記事をご覧ください。

bZ4Xサブスク月額料金予想
国内のbZ4X価格予想ほぼ的中!半端なく安い(2022/4/13追記)

国内向けbZ4X参考価格は600万(2WD)と650万(4WD)と判明。予想より高い?と思いましたが、グレードは予想した上から2つ目の全部入りモデル。予想価格もほぼ合致してました!ベースグレードが発売されるとしたら、予想通り478万円付近になるでしょう。

bz4x価格とグレード予想

bZ4X国内価格を予想した金額の根拠は?

予想金額の根拠を挙げますね。

bZ4X国内価格予想の根拠
  • イギリス向けbZ4Xの価格は日本価格で約630万円
  • トヨタ車は、イギリス向けになると日本国内価格の約1.25倍~1.44倍になる
  • 車両価格が高い車種は平均するとだいたい1.3倍程度
  • bZ4Xベースグレードイギリス価格630万なので、国内価格は500万前後となる予想
  • トヨタはベースグレードをぐっと安くする戦略をとることが多い
  • 2022年度は最大80万のEV補助金がある
  • 478万に80万の補助金がつくと、実質398万と400万を切る
  • KINTOで提供されている同金額帯のクルマと比較

この予想をあなたはどう思いますか?

「bZ4Xが500万切る訳ないでしょう」
「これだけ安かったら、他社は絶対勝てないのでは?」

そんな感想を持たれたかもしれませんね。

今回は、あくまでベースグレードの価格予想です。

イギリスモデルですが、ベースグレードは機能が思いっきり簡素化されています。

なので、実際にはミドルグレードが売れ筋になると考えています。

注意!

本記事の内容はbZ4Xの参考価格発表前に書いた記事です。最新のKINTOのbZ4Xプランを確認されたい場合は、下記の記事をご覧ください。

kintoでbZ4X

bZ4Xの価格予想まとめ

ここまで、bZ4Xのベースグレードについて価格予想をしてきました。

最後にまとめますね。

bZ4Xの価格予想まとめ
  • bZ4Xはイギリス向けに約630万円~販売される
  • トヨタ車のイギリス向け価格は日本国内価格と比べ平均1.3倍ほど高い
  • もろもろ考えるとbZ4Xベースグレードの予想価格は478万円
  • KINTO提供予想金額は、月額59,840円~ 
    ※7年契約ボーナス払いなし
  • 実際に売れ筋になるのはミドルグレード(別記事で予想予定)

あくまで予想ですが、bZ4Xの国内価格は期待がふくらみますね!

予想通りの価格帯としたら、国内で爆発的に売れる可能性が大きいです。

トヨタが先日おこなったEV戦略発表では、2030年には年間350万台のEV車を販売する目標にかかげました。

bZ4X販売はその第一歩。

やっつん

※2022年4月13日追記
600万~と聞いて、一瞬「予想失敗した!」と思いました。実際は、全部入りの上級グレードだったので予想的中でした!

正直なところ、bZ4X初回販売3000台はすぐに販売終了となると予想しています。

そう考える理由は3つ。

bZ4X初回3000台がすぐ販売終了すると考える理由
  • 3000台はトヨタの年間販売台数の0.25%。個人と法人が奪い合う
  • 世界的な納期遅延で他車キャンセル組が参加しそう
  • bZ4Xは結構安い&補助金は早いもの勝ち

注目度に対して3000台は少なすぎますね、、

bZ4Xを確実に手に入れるなら、KINTOならではの対策が必要です。

KINTO契約者の私がまとめた「bZ4X事前リハーサル」記事はこちら。

⇒bZ4Xは争奪戦?契約前のリハーサルで確実にゲットしましょう!

bZ4Xに興味があるなら、ぜひチェックしてみてください。


クルマの3大リスクとは?

↓詳細はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!