トヨタKINTO見積り時にチェックしたい3ポイントを契約者が解説

トヨタKINTO見積時にチェックしたい3ポイント

やっつん

こんにちは!
KINTOでプリウス契約中のやっつん(⇒プロフィール)です^^

「KINTOの見積りで気を付けるポイントは何?」

KINTOの見積りシミュレーションは非常に簡単で分かりやすいです。

ですが、普通にクルマを購入するときの見積りと、KINTOの見積りシミュレーションは注意するポイントが違います

あなたがKINTO見積りシミュレーションで悩まないために、KINTO見積り時にチェックしたい3ポイントを解説します!

KINTO7つの楽ポイントを解説した記事はこちら↓
トヨタKINTOは楽ができる7つの理由を徹底解説【要ブックマーク】


KINTO(キント)見積りシミュレーションの流れ

まずはKINTO見積りシミュレーションの流れを簡単にお伝えします。

上記画像のように、KINTO見積りシミュレーションは数クリックで簡単に実施できます。

シミュレーションで少し注意したい点は、契約期間が3年しか選べないクルマがあること。

2021年9月時点では、レクサスやヤリスMORIZOセレクションは契約期間3年のみ選べます。

トヨタKINTO(キント)見積時にチェックしたい3ポイント  

トヨタKINTO見積りのポイント

KINTO(キント)の見積りシミュレーションは簡単に使えると思います。

一方、KINTOの契約方法は購入とは大きく違うので注意が必要。

KINTO見積り時に確認したいのは以下のとおりです。

KINTO見積時にチェックしたい3ポイント
  1. KINTOならではのクルマ選びで注意するポイントがある
  2. KINTOオプション選択の注意点
  3. 契約期間は何年が最適?契約期間を決めるポイント

それぞれ解説していきます。


KINTO見積時チェックポイント1 クルマ選びで注意するポイント

KINTOでクルマ選びをする際、KINTOだから注意したいポイントがあります。

KINTOはクルマのサブスク(ほぼカーリース)なので、あまり馴染みがないのではないでしょうか?

注意すべき3ポイントは下記になります。

KINTOでクルマを選ぶ際に注意すべき3ポイント

  1. すべての車種、グレードが選べるわけではありません
  2. トータルコストが車両本体価格より高いのは当たり前です
  3. ボーナス払いはできれば避けましょう

3ポイントを詳しく見ていきましょう。


KINTOはすべての車種、グレードが選べるわけではありません

KINTOはトヨタ、レクサスの車種がすべて選べるわけではありません

特に、マイナーチェンジ前など、急にKINTOのラインアップ一覧から消えてなくなることも。

また、ラインアップにはある車種でも、KINTOはその車種で販売されているすべてのグレードが選択できる訳ではありません

KINTOの基準でラインアップしているモデルが変わるので、あなたが絶対に欲しいモデルが決まっているときは要注意。

一方で、KINTOは売れ筋モデルの多くをラインアップしているので、よほどのこだわりがなければ選択できると思います。


KINTOのトータルコストが車両価格より高いのは当たり前です

あなた

KINTOの見積だと5年トータルコストでクルマ本体が買える金額になるよ!
それだったら一括で買ったほうがいいんじゃないの?

KINTOの見積りをすると、そのように思われるかたが多いです。

実際、私が契約しているプリウスも、5年トータル支払い金額は一括購入金額よりも50万円くらい高いです。

これって損してるのでしょうか?

よく考えてみてください。

KINTOのトータル金額には車両保険つきの自動車保険が含まれてます!

加えて3年後の車検費用、毎年の自動車税、メンテナンス費用などを考えると、カーローンを利用した一括購入とほぼ同じか、少し安い金額になります。

しかも、KINTOの自動車保険を利用しても翌年以降の支払金額が上がらないというメリットも。

ぱっと見て「高すぎる!」と思ったときは、このことをよく思い出してください。


支払でボーナス払いは避けましょう

ボーナス払いは選ばないほうが無難です。

先が読みにくい世の中で、ボーナスが今後も間違いなく出るかどうかわからないからです。

えらい経済学者でも景気の予想をはずしまくってます。

今は安定している業界でも、少し先の未来はどうなるか分かりません。

ボーナス払いはやめておきましょう。


KINTO見積時チェックポイント2 オプション選択の注意点

KINTOのオプションは少し「くせ」があります。

それは、ある程度パッケージ化されているオプションしか選べないということです。

例えば、普通はナビだけを考えても7インチ、9インチ、トヨタ純正、他社製など、選択するものが多いです。

KINTOでは、選択できる幅がぐっと少なくなります。

基本的には純正品しか選べません

あなた

オプションが自由に選べないなんて、KINTOダメだね、、

そう思われるかもしれませんが、これには理由があります。

純正ナビしか選べないことは、KINTOの戦略もつながっています

トヨタの純正ナビはT-connectというトヨタのデータサービスと接続でき、KINTOは近い将来クルマのアップデートをT-connect経由で行う想定です。

なので、KINTOは社外品を選択できないと、私は考えています。

もちろん、自分で社外ナビを購入し後付けも可能です。
ただ、クルマを返却する際は元に戻す必要があるので手間は結構かかるのでおすすめはしません。


KINTO見積時チェックポイント3 契約期間は何年が最適?

KINTOの契約期間は3年、5年、7年と3種類から選べます。

車のサブスクKINTOとトヨタは打ち出していますが、実際にはKINTOはカーリースです。
なので、一か月、半年といった契約はできません。

では、3つの契約期間のどれを選ぶのがベストなのでしょうか?

ライフスタイルによって変わりますが、通常は5年か7年を選ぶとよいと考えています。

あなた

5年も同じクルマに乗ってると飽きるんじゃないの?
サブスクだし3年がいいんじゃないの?

たしかに、クルマのサブスクだから短い期間でいろいろ試したい、という思いも分かります。

一方で、3年契約は月々の支払金額が5年、7年と比較すると割高です。

パッソの一番やすいモデルで比較してみましょう。

このような金額の差になりました。

KINTOにはのりかえGOという仕組みがあります。

契約期間途中で、手数料を支払えば新車に乗り換えられる仕組みです。

例えば、5年契約で3年間乗った後に乗り換えたい場合の手数料は、月額料金の3カ月分。
上記の場合、5年契約の途中で乗り換えた場合の手数料は107,910円となります。

3年契約との差額で考えると、52,470円のもちだしで済む計算です。

もし、パッソに3年間のっていて問題なければ割安に5年間乗れますし、そうでなければ5万円ちょっとの持ち出しで他の新車に乗り換えられます

安易に3年契約を選ばず、のりかえGOも含め5年、7年も検討するのがKINTO契約期間で考えるポイントです。


KINTO見積り時にチェックしたい3ポイントのまとめ

KINTO(キント)見積り時にチェックしたい3ポイントをお伝えしました。

最後にポイントをまとめます。

見積時チェックポイントのまとめ
  1. KINTOで選べるクルマ、モデルは限定されている
    トータルコストはKINTOが高いのは当たり前
    ボーナス払いは避けましょう
  2. オプションはパッケージ化され純正品しか選択できない
  3. 契約期間はのりかえGOも含めトータルで考える

KINTOはトヨタのコネクティッドサービスを実現するための戦略的な販売方法です。

これからもKINTOのサービスはよくなっていく予定なので、本ブログでも情報を更新していきます。

やっつん

随時KINTOの情報を更新しますので、ぜひ本ブログのブックマークをお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

やっつん
スタンドで働いていた経験もあるクルマ歴25年のやっつんです。 愛車歴は、シルビア⇒RVR⇒レビン⇒セレナ⇒MPV⇒プリウス30系⇒プリウス50系。クルマは好きだけど他に時間を使いたい40半ばのおっさんです。