☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

【速報】bZ4Xは初年度5000台で600万から。KINTOも専用メニューに

bZ4X-online-presentation

bZ4Xオンライン発表会が2022年4月12日13時30から行われました。

新たに発表された情報について速報をお伝えします!

bZ4Xで公道を試乗しました!

bZ4X公道試乗レビュー記事を書きました!
全国で唯一bZ4Xを公道試乗できるイベントに参加。

ブレーキタッチや車両感覚など、一般ユーザーならではの感覚でのレビューです。
bZ4Xに興味があるなら、ぜひご覧ください!

bZ4X-testdrive2
bZ4XはKINTO限定リリース!

bZ4XはKINTO専用プランで5月12日に販売開始!bZ4Xの特徴、利用できる補助金について説明。bZ4XがKINTOで提供される理由についても解説。

kintoでbZ4X
bZ4Xの納期は6月からの予定

bZ4X納車は6月~の予定とのこと。bZ4XイベントでKINTO担当さんから直接お話を聞くことができました。初回3000台はすべて年内納車予定とのこと。他にもバッテリー交換費用など聞いた内容を記事にしました。

bZ4X納車時期
【5/4追加】bZ4Xは本当に高い?

bZ4Xの価格は頭金77万、月額料金88,220円~と発表されました。bZ4Xは高い?高すぎる?そんな声に応えた記事を書きました。

bZ4X-high-price
国内のbZ4X価格予想が的中!(2022/4/13追記)

国内向けbZ4X参考価格は600万(2WD)と650万(4WD)と判明。グレードの名称と予想価格がほぼ合致しました!bZ4Xグレードごとの予想金額記事はこちら。

bz4x価格とグレード予想

bZ4Xオンライン発表会の新ネタ3つ

bZ4Xの新ネタは大きく3つ。

bZ4Xオンライン発表会の新ネタ
  • フル充電時の航続距離
  • 希望参考価格と初年度の販売台数
  • KINTOのbZ4X専用プラン

では、早速見ていきましょう!

bZ4Xフル充電時の航続距離は559km!

bZ4X-kouzokukyori
参照:トヨタ新型BEV bZ4Xオンライン発表会より

bZ4Xのフル充電時の走行可能距離は559km(WLTCモード)とのことです。

500キロ前後と発表されていたので、思ったよりも電費はいいですね。

90kWの急速充電器で30分充電すると約275キロ走れるとのこと。

2025年にはすべてのトヨタ販売店に急速充電器を配備する予定なので、長距離移動も安心ですね。

bZ4Xの販売参考価格は600万円と650万円

bZ4X-price-1
参照:トヨタ新型BEV bZ4Xオンライン発表会より

bZ4Xの希望参考価格は、FWDで600万円4WDで650万円のワンプライス。

イギリスや欧州とは違い、ラインアップは1グレードのみ

法人リースかKINTOでの提供なので希望参考価格になっています。

bZ4Xのグレードは、おそらく欧州で提供されるミドルグレードになるでしょう。

予想は別途行います。

発表会の質疑応答から補足情報
  • 本体の希望参考価格はなぜ必要?
    ⇒価格任意保険料、リース料金を算出するために必要

初年度は5000台の生産・販売

bZ4X-kinto-daisuu
参照:トヨタ新型BEV bZ4Xオンライン発表会より

初年度のbZ4X生産・販売台数は5000台

個人はKINTOでのみ、法人はリースのみです。

5月12日から新規申込・受付がはじまります。

KINTOでbZ4Xの価格が分かるのが5月2日なので、金額次第では争奪戦になるかもですね。

KINTOはbZ4X専用プランに

bZ4X-kinto-plan
参照:トヨタ新型BEV bZ4Xオンライン発表会より

KINTOはbZ4X専用プランになります。

通常は、解約金フリープランと初期費用フリープランどちらかをユーザーが選択しますが、bZ4Xの場合は一択です。

4年目まで補助金還元によりKINTO月額利用料が安くなる

5年目以降は乗れば乗るほど月額利用料金が下がる

中途解約金は4年目まではかかるが、5年目以降はなし。

KINTOの現行プランのいいとこ取りなプランですね。

発表会の質疑応答から補足情報
  • KINTOが普及すると販売店の実績が減るのでは?
    ⇒KINTOはトヨタ販売店から購入している。販売店の新車販売の実績になる。
  • 中古車KINTOは2022年半ばくらいにスタート予定(bZ4X提供開始に合わせてか?)
【注意!】bZ4Xは激しい争奪戦になりそうです

bZ4Xは5月12日にKINTOでのみ提供予定です。ただ、初年度5000台限定と少なく、激しい争奪戦が予想されます。できるだけ確実にbZ4Xを手に入れる方法をKINTO契約者の私が記事にまとめました。
👉bZ4Xは争奪戦?契約開始前のリハーサルで確実にゲットしましょう!

bZ4Xオンライン発表会のまとめ

bZ4Xのオンライン発表会を受けての速報です。

今後も複数の視点からbZ4Xについて深掘りしていきますので、是非ブックマークしておいてください!

bZ4Xについてはこちらもどうぞ。


クルマの3大リスクとは?

↓詳細はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!