☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

トヨタのデジタルキーで車維持費が半減?カーシェア前提の車生活が始まるかも

トヨタのデジタルキー

「新型ヴォクシー・ノアのデジタルキーって何ができるの?」
「車が高くて新車買えないけど、なにか方法ない?」

という疑問にお答えします。

トヨタ車としては新型ヴォクシー・ノアから利用できるようになった「デジタルキー」機能をご存知ですか?

デジタルキーはしれっと説明されているので見過ごしちゃいそうですが、実はすごい仕組みです。

トヨタがデジタルキーを利用してどんな未来を描いているか、それにより私達の生活がどうなるかを予想しました。

近い将来、本格的に車を所有しない世界がくるかもしれません!

トヨタのデジタルキーとは?対応車種は?

toyota-degitalkey1
参照:https://toyota.jp/

トヨタのデジタルキーで出来ること、対応車種、デジタルキーのメリット・デメリットをお伝えしますね。

トヨタのデジタルキーで出来ること

トヨタのデジタルキーで出来ることは3つ。

トヨタのデジタルキーで出来ること
  • スマホが車のキーとなる
  • 家族や知人にデジタルキーをシェアできる
  • シェアするデジタルキーの期間指定や操作制限ができる

それぞれ詳しく解説しますね。

デジタルキーでスマホが車のキーとなる

あなたがいつもお使いのスマホを車のキーにすることができます。

デジタルキーを使うためには、6つのステップが必要です。

ステップ1:デジタルキー対応のトヨタ車購入

ステップ2:購入時にデジタルキーのメーカーオプションを申し込む

ステップ3:T-Connect、デジタルキーの契約を実施

ステップ4:トヨタ共通IDを登録し、デジタルキー契約と連携

ステップ5:スマホにデジタルキーアプリをインストール

ステップ6:アプリでオーナーキーを登録

デジタルキーは対象車種でもメーカーオプションで、いくつか契約や設定が必要です。

あなた

そんなに面倒ならデジタルキーなんていらないよ!

と思われるかもですが、デジタルキーは「将来的に車を安く乗るための鍵」になるかも。

ぜひ最後までご覧ください!

デジタルキーは家族や知人にシェアできる

自分が使うだけなら、普通の鍵で問題ありません。

デジタルキー最大の特徴は、家族や知人にシェアできること。

オーナーキーと同様に「シェアキー」を発行できます。

さらに、直接会わなくともシェアキーを発行することができます。

このメリットは後ほどお伝えしますね。

シェアするデジタルキーの期間指定や操作制限ができる

シェアするデジタルキーは、不正利用を防ぐために期間指定や操作制限の設定ができます

デジタルキーの設定で、「一時的に車を貸し出す」ということが可能に。

完全にカーシェアリングを想定した機能ですね。

トヨタデジタルキーのメリット・デメリット

car-key

スマホが車のキーとなるデジタルキーのメリット・デメリットをお伝えします。

デジタルキーのメリット

デジタルキーのメリットというか、使えそうなシチュエーションをお伝えします。

デジタルキーのメリット(シチュエーション)
  • 家族複数人で1台の車を利用する
  • 知人に時々車を貸す
  • 本格的にカーシェアリングを行う

デジタルキーは、複数人で同じクルマをシェアして使う場合に便利です。

家族で1台の車を使う場合、知人に車を貸す場合などはデジタルキーは最適。

というのも、現在販売されている車の鍵は高度化していて、 イモビライザー(盗難防止機能)付きのスマートキー は複製に10万くらいかかります。

私も契約しているKINTOは誰が乗っても大丈夫な保険がついているので、気にせず車を貸すことがあります。

ただ、鍵をなくされると非常に困ることに・・・

そんなとき、デジタルキーのシェアキーを渡せば物理的な鍵を無くされることはありません。

安心して車を貸すことができますね。

デジタルキーのデメリット

デジタルキーのデメリットはこちら。

デジタルキーのデメリット
  • スマホのバッテリーが切れたら利用できない
  • 強い電波やノイズが発生すると正常に動作しない可能性がある
  • 金属製のものに覆われている場合は利用できないことがある

スマホの電波を利用するトヨタのデジタルキーなので、スマホが使えない、電波が干渉する場合など使えない可能性があります。

遠方にドライブに行った際など、急にデジタルキーが使えなくなったら困りますよね。

ただ、私が調べた範囲では上記のような問題は見つからなかったので、あまり心配はいらないかもです。

【2022年版】クルマ購入3大リスク

人生で二番目に高い買い物「クルマ購入」の3大リスクをご存じですか?人生100年時代、失敗すると老後の生活設計が大きく狂ってしまうかも・・・

  • リスク①:〇〇が高くなるリスク
  • リスク②:〇〇で市場価値が下がる
  • リスク③:4人に1人は〇〇未加入

※5015文字。約7分で読み終えられます

トヨタのデジタルキー対応車種

トヨタのデジタルキー対応車種はこちら。

トヨタ車レクサス車
new-voxy1
ヴォクシー
2022/1~
nx-1
レクサスNX
2021/10~
new-noah1
ノア
2022/1~
bZ4X-mini
bZ4X
2022/5~

トヨタ車としては、新型ヴォクシー・新型ノア

レクサスは21年10月に発売開始されたレクサスNX。

まだまだ最新車種だけです。

ただ、今後フルモデルチェンジする車種はデジタルキーに対応してくると想像できます。

追記:bZ4Xもデジタルキー対応

トヨタが初めて世に出す本格BEVのbZ4Xもデジタルキー対応!しかもオプション扱いではなく標準でついてきます。箱根駅伝で伴走車になるなど、なにかと話題のbZ4Xの記事はこちら。

kintoでbZ4X

6/13追記:bZ4X契約しちゃいました 汗

bZ4X契約しました

デジタルキーが普及した未来はどうなる?

future1

ここまで、トヨタのデジタルキーについて紹介してきました。

では、デジタルキーが普及した近い将来、私達の生活はどうなるのでしょうか?

デジタルキーで知人間のカーシェアが普及する

以下の文章は近い未来の予想です

トヨタがデジタルキーを新車のほとんどに標準搭載した202X年。

月に1、2回しか車を使わない家庭から車は消え、同じような利用方法の知人間でカーシェアを行うのが普通に。

自動車保険の面倒がなく、リスクも低いトヨタのサブスクKINTOで代表者は車を契約。

駐車場は代表者の家近くで管理しやすい場所に借りる。

利用したい人は、わりかんKINTOでアプリで利用時間を予約し、代表者はデジタルキーのシェアキーを設定する。

利用者はデジタルキーを使い、自分が予約した日に自由に車を使う。

やっつん

デジタルキーにより、こんな未来がくるかもしれません

車を維持管理する負担が半減する

cost-down1

デジタルキーが普及し、知人間カーシェアが当たり前の将来では、車を維持管理するコストが大幅に減ります。

今でも「わりかんKINTO」アプリでは、シェアした分だけKINTOの支払いを按分する仕組みが備わっています。

将来的には、代表者が車を維持管理しますが、その金額の半額程度はカーシェアで貸し出した方からの利用料でまかなえる。

そんな未来が待っているかもしれません。

今までは中古車や軽自動車しか選択できなかったけれど、ヴォクシーやノアなどのミニバン、SUVなども選択できる可能性もありますね。

トヨタのデジタルキーで車の維持費が半減? まとめ

日本はバブル崩壊後から給料が30年以上あがっていない、とよく言われています。

実際、レクサスの年間販売台数は全世界で60万台ちょっとですが、日本国内では5万台弱しか売れていません。

世界から見ると、間違いなく日本は経済的に停滞してる国に写ってます。

そんななか、車を今までのように維持する時代は終わるのかもしれません

トヨタはそんな国内状況を把握し、KINTOやデジタルキーの普及を模索しているのではないでしょうか?

やっつん

正解がない時代、今までの車を所有する考えは捨ててしまったほうがよいかもです・・・

参照:トヨタのデジタルキー紹介ページ


クルマの3大リスクとは?

↓詳細はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!