☞【注意喚起】クルマを購入する3大リスクとは?

2021年いちばん売れた車は何?メーカーは?新車販売台数トップ50を元に解説

2021年売れた車

「最近売れてる車はどんな車なの?」
いま売れてる車メーカーはどこ?」

そんな疑問にお答えします。

先日公開された「2021年新車販売台数データ」を元に、売れ筋の車、売れてるメーカー情報を3つのグラフから解説します。

売れてる車には売れる理由があります。

できるだけ車選びに失敗したくない方は必見です!

※本記事の統計データには軽自動車は含まれていません

2021年新車販売トップ50車種はこれだ!

2021年新車販売トップ50の車種一覧はこちらです!
※軽自動車は含まれていません

車種(メーカー)台数前年比
1位ヤリス(トヨタ)212,927140.3
2位ルーミー(トヨタ)134,801154.5
3位カローラ(トヨタ)110,86593.7
4位アルファード(トヨタ)95,049104.7
5位ノート(日産)90,177124.9
6位ライズ(トヨタ)81,88065
7位ハリアー(トヨタ)74,575112.9
8位アクア(トヨタ)72,495121.7
9位ヴォクシー(トヨタ)70,085100.8
10位フリード(ホンダ)69,57791.2
一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計データより
順位車種(メーカー)台数前年比
11セレナ(日産)58,95485.9
12フィット(ホンダ)58,78059.9
13シエンタ(トヨタ)57,80279.5
14ヴェゼル(ホンダ)52,669159.9
15RAV4(トヨタ)49,59490.4
16プリウス(トヨタ)49,17973.1
17ソリオ(スズキ)44,713110.8
18ノア(トヨタ)44,21197.3
19ステップワゴン(ホンダ)39,247114
20キックス(日産)35,044191.2
21ランドクルーザーW(トヨタ)33,481127.3
22パッソ(トヨタ)32,54298.7
23インプレッサ(SUBARU)26,85473.3
24レヴォーグ(SUBARU)25,439210
25MAZDA2(マツダ)24,65286.9
26スイフト(スズキ)23,41583.3
27フォレスター(SUBARU)22,90395.2
28CX-5(マツダ)22,43192.6
29クラウン(トヨタ)21,41196.6
30ロッキー(ダイハツ)21,39268.7
31オデッセイ(ホンダ)21,148217.6
32CX-30(マツダ)19,35571.7
33C-HR(トヨタ)18,09653.7
34CX-8(マツダ)16,596118.1
35MAZDA3(マツダ)16,36185.1
36デリカD5(三菱)14,790132.6
37トール(ダイハツ)14,78075
38ジムニーワゴン(スズキ)13,90383.7
39シャトル(ホンダ)13,63681.6
40エスクァイア(トヨタ)12,48247.3
41クロスビー(スズキ)12,40179.8
42エクストレイル(日産)12,01659.3
43リーフ(日産)10,84396.1
44カムリ(トヨタ)10,62087.9
45エクリプスクロス(三菱)8,882165.3
46マーチ(日産)8,819152.7
47ハイエースワゴン(トヨタ)8,54798.5
48シビック(ホンダ)8,520117.3
49CX-3(マツダ)8,408110.4
50UX250H(レクサス)8,26390.6

コロナ禍で納期が大幅に遅れる車種が多い中、新車販売は少し減少。

そんななか、トップ10に入った車種の多くが2020年よりも販売台数を伸ばしています

では、3種類のグラフを使い、2021年新車販売台数トップ10のシェア、車メーカー別台数シェア、トップ50に入った車種のメーカー別シェアを見ていきましょう!

2021年新車販売台数トップ10の台数シェアはどのくらい?

車販売台数トップ10車種2021

2021年販売台数トップ10車種の台数別シェアをグラフにしてみました。

数字だとイマイチどのくらい売れてるかピンときませんが、グラフにするとよくわかりますね!

トヨタのヤリス、ルーミー、カローラ、アルファードの4車種で5割以上を占めてます。

特にヤリスがバカ売れしたのがよく分かるグラフです。

また、トップ10の8車種はトヨタ車と、2021年の車販売台数はトヨタの圧勝だったことも分かります。

2021年車販売数トップ50のメーカー別台数シェア比較

車販売台数トップ50メーカー別台数2021

トップ10ではトヨタの圧勝でしたが、トップ50で見たらどうなのでしょう?

メーカーごとに2021年新車販売台数をまとめたところ、トヨタが59.1%を占めています。

続くホンダが13.1%、3位の日産が10.7%と、台数だけでみるとトヨタの圧勝状態ですね。

2021年車販売数トップ50メーカー別の車種数シェア比較

車販売台数トップ50メーカー別車種数2021

2021年新車販売トップ50にランクインした車種数をメーカー別にまとめたグラフがこちら。

予想通りトヨタが19車種とダントツです。

ホンダ、日産、マツダはほぼ横並び。

5位に入ったスズキは軽自動車が主力のメーカーなので、大健闘ではないでしょうか?

2021年 新車販売台数トップ10車種を解説

2021年の新車販売台数トップ50について見てきました。

すべてを解説するのは難しいので、トップ10に絞って解説していきますね!

1位 ヤリス(トヨタ)

ヤリス2-2
参照:https://toyota.jp/

ヤリスは2021年に212,927台を販売し堂々の1位となりました!

画像のコンパクトカーモデルだけでなく、SUVのヤリスクロス、スポーツカーのGRヤリスなどすべて含めての販売台数です。

ヤリスの良さは、なんといっても燃費ですね。

ガソリンモデルのヤリスXグレードのWLTC燃費は20.2km/Lと、ハイブリッド車のような燃費性能です。

ヤリスXグレードの維持費はトヨタコンパクトカー5種の中で3番目。

ハイブリッドカーのアクアも含めての結果なので、維持費はかなり安く抑えられます

ヤリスの維持費

また、ヤリスはトヨタのサブスクKINTOのラインアップにも入っています。

コンパクトカーのヤリス、SUVのヤリスクロス、スポーツカーのGRヤリス、すべてKINTOで選べる状態。

ヤリス各モデルのKINTO契約について記事を書いています。

KINTOでヤリス
KINTOでヤリスクロス
kinto-gryaris

2位 ルーミー(トヨタ)

ルーミー1
参照:https://toyota.jp/

2位のルーミーはコンパクトカーながら室内空間を広くとることに成功し、ファミリーに大人気の車。

ルーミーは2020年と比較して、154.5%も販売台数を伸ばし134,801台販売されています。

ルーミーの良さは最小半径が「4.6m」と小回りがきくところですね。

車の運転に不慣れな若いお母さんでも、車庫入れに困らず車を運転できる車。

そんなルーミーはスズキのソリオとよく比較される車ですが、よく売れている理由の一つが「安全装備が全グレード標準装備」な点。

スズキソリオと金額帯が一緒なので、安全装備でルーミーのほうがちょっとお得感がありますね。

ルーミーの維持費

ルーミーはトヨタのサブスクKINTOの車種一覧に入っています。

7年契約で月額33,000円とKINTO最安の車。

そんなルーミーをKINTOの、購入、カーリース3社と比較した結果は下記の記事で書いています。

KINTOでルーミー

3位 カローラ(トヨタ)

carollacross2-1
参照:https://toyota.jp/

トヨタが誇る「カローラ」が第3位となりました。

2021年の販売台数は110,855台。

現行カローラは「セダン」「SUV」「ワゴン」「コンパクト」の4カテゴリがラインアップされてます。

昨年販売開始されたSUV「カローラクロス」が6ヶ月以上の納期(ハイブリッドモデル)となるほど大人気。

カローラクロスHEVは受注停止となりました。受注停止後でもカローラクロスを手に入れる3つの方法を記事にしています。

カローラクロスを手に入れる3つの方法

カローラシリーズもトヨタのサブスクKINTOでラインアップされています。

それぞれ記事を書いていますので、ご興味あればご覧ください。

カローラクロスKINTOでお得な3つの理由
KINTOカローラツーリング
kinto-corollasport
カローラセダンの維持費

4位 アルファード(トヨタ)

alphard2-1
参照:https://toyota.jp/

2021年販売台数4位は高級ミニバンの代名詞アルファード。

アルファードの販売台数は95,049台と、高級車ながらもかなり売れています。

2022年の箱根駅伝でも、監督者がすべてアルファード(と兄弟車のヴェルファイア)でしたね。

アルファードが売れている理由の一つとして、ライバル不在であるとはよく言われています。

以前は日産のエルグランドが強力なライバルでしたが、エルグランドは2014年マイナーチェンジ後は大きな変更もなく販売不振の状態。

アルファードは現行型が2015年に販売開始され、ちょこちょこマイナーチェンジしています。

そんなアルファードはKINTOでも取り扱いがあります。

アルファードS”TYPE GOLDⅡ”ガソリンモデルの場合、7年契約で65,780円。

自動車保険やメンテナンス、車検費用も含まれているので想像より安く感じるのではにでしょうか?

アルファードをKINTOとカーリース3社と比較した記事はこちら。

kinto-alphard

5位 ノート(日産)

nissan-note
参照:https://www3.nissan.co.jp/

ここで初めてトヨタ車以外が登場しました!

日産が誇るコンパクトカー「ノート」です。

ノートe-Powerはガソリンエンジンで蓄電させ、モーターで走る車。

モーターならではの加速、ワンペダルで楽に運転できる点など多くの方に受けています。

さらに、日産ノートの高級バージョン「AURA(オーラ)」は日本カーオブザイヤーを獲得

高級感がある内外装の割にお手頃な価格で売れてますね。

6位 ライズ(トヨタ)

KINTOで新型ライズ1
参照:https://toyota.jp/

6位はまたまたトヨタ車のライズ。

ライズの2021年販売台数は81,880台。

2021年はマイナーチェンジを実施し、ハイブリッドモデルが誕生しました。

コンパクトSUVとして、日本の狭い道路状況にあっていることも売れてる理由の一つですね。

ライズの維持費はトヨタのコンパクトカー5車種とほぼ同じ水準。

購入価格はもちろんですが、維持費が安いことも大事ですよね。

ライズの維持費は安くなる?

トヨタのサブスクKINTOにライズもラインアップされています。

2021年11月にマイナーチェンジされたライズをKINTOで選ぶ理由はこちらをご覧ください。

新型ライズはKINTOで選びたい

7位 ハリアー(トヨタ)

KINTOでハリアー2
参照:https://toyota.jp/

2020年にマイナーチェンジしたトヨタが誇る都市型SUVハリアーが7位にランクイン。

高価格帯の車ながら、7位にランクインするのはすごいですね。

ハリアーは私も購入を検討したのですが、高級な装備が標準でついているのに価格が意外と安いんですよね。

たとえば、Gグレード以上で標準装備の「デジタルインナーミラー」は前と後ろのドライブレコーダー機能もついてます。

デジタルインナーミラーと前後ドライブレコーダーをオプションで買えたとしたら、おそらく10万以上するはず。

また、電動シートや合成皮革シートなど、高級感のある内装が標準装備(エントリーグレード除く)。

プリウスにオプションをつけたら同じくらいの金額になるので、ハリアーは最後まで迷いました。

思ったよりもお手頃なハリアーは売れに売れすぎて、ハイブリッドモデルは受注停止しています、、

新型ハリアー納期

また、ハリアーの維持費についても分析してみました。

ハリアー維持費

KINTOなら、納期が遅いハリアーも1.5~2ヶ月で納車されます(2022年1月現在。ガソリンモデルのみ)。

KINTOでハリアー

8位 アクア(トヨタ)

アクア2-3
参照:https://toyota.jp/

8位は2021年にマイナーチェンジしたアクアがランクイン。

アクアは2021年に72,495台売れています。

新型アクアのバッテリーは、世界初搭載となる「バイポーラ型ニッケル水素電池」が使われてたことも話題になりましたね。

また、ワンペダルと同様の「快感ペダル」という機能も搭載し、より走りやすくなったことも販売台数が増えている理由の一つですね。

そんなアクアの維持費をコンパクトカー5車種と比較した記事はこちら。

アクアの維持費

新型アクアもKINTOのラインアップに含まれています。

新型アクアでKINTOはお得?

9位 ヴォクシー(トヨタ)

新型ヴォクシーと新型ノアのティザー画像
参照:https://toyota.jp/

9位にランクインしたのは、1月13日にフルモデルチェンジ予定のヴォクシー。

フルモデルチェンジする予定の車が、前年にこれほど売れるとは驚きですね。

ヴォクシーは2021年に70,085台売れています。

兄弟車のノアは18位で44,211台売れているので、2車種を合わせるとカローラを抜いて3位の販売台数に。

日本で一番売れてるミニバンですね。

正式発表前にも関わらず、相当な事前予約注文が新型ヴォクシー・ノアには入っているようです。

納期と維持費を予想した記事はこちら。

新型ヴォクシーとノアの納期と維持費

新型ヴォクシー・ノアはKINTOのラインアップにも入ります。

1月13日に正式発表されると思いますが、予想したKINTOの金額はこちら。

新型ヴォクシー・ノアのKINTO価格を予想

10位 フリード(ホンダ)

honda-freed
参照:https://www.honda.co.jp/

2021年の販売台数ラストはホンダのフリードが入りました!

フリードは69,577台2021年に売れています。

フリードはコンパクトな車体にも関わらず、7人乗りを実現したファミリーカー

トヨタのシエンタがライバル車になりますね。

シエンタは2022年にフルモデルチェンジを予定しているので、2022年の販売台数対決は見どころですね。

2021年いちばん売れた車は何?のまとめ

2021年の新車販売台数データを元に解説してきました。

最後にまとめますね。

2021年いちばん売れた車は?
  • 2021年一番売れた車はヤリスで約21万台
    ※ヤリス、ヤリスクロス、GRヤリスすべて合わせた台数
  • 2021年車販売台数トップ50の中で19車種はトヨタ車
  • 2021年車販売台数トップ50の台数合計はトヨタ車が59.1%を占めた
  • トップ10のなかで8車種はトヨタ車

2021年はトヨタ車が圧倒的な強さの1年でした。

さらに、トヨタは2030年までに年間350万台のEV車を販売するという計画も打ち出しています。

トヨタ一強の時代がしばらく続くのでしょうか?


クルマの3大リスクとは?

↓詳細はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
やっつん
【クルマ生活アドバイザー】のやっつんです。 世の中にクルマ情報は多々ありますが、私たち一般クルマユーザーが求めてる「暮らしの中でクルマをお得に維持したい」情報は見つからないことが多くないですか? 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、クルマ生活を普通のクルマユーザーの目線でアドバイスします!